マルクス・トゥッリウス・キケロの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

マルクス・トゥッリウス・キケロ|75件。

マルクス・トゥッリウス・キケロ(ラテン語: Marcus Tullius Cicero, 紀元前106年1月3日 - 紀元前43年12月7日)は、共和政ローマ期の政治家、文筆家、哲学者である。 生涯 順風満帆な出発 祖先に顕職者を持たない「ノウス・ホモ」で、アルピヌムの出身であった。キケロは、若い頃に友人から「無名の家名(キケロ家)を避けた方がよい」とアドバイスを受けたが、「私自身の手で、キケロ家をスキピオ家やカトゥルス家より有名にしてみせる」と語ったという。 弁論家ポセイドニオスに師事した。紀元前81年に法律家としての活動を始めた。しかし、当時ローマの終身独裁官であったルキウス・コルネリウス・スッラの威勢に刃向かうような弁護を引き受け、その裁判で勝訴してしまった。そのため、アテナイへと一時期逃れて、弟クィントゥスと共にアカデメイアを訪れた。なお、アテナイでキケロは後に終生の友人となるティトゥス・ポンポニウス・アッティクスに出会ったといわれている(彼は、アテナイに居を構えていた)。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

知恵を伴わなくても正義は大いに強力なものだが、正義を欠いた知恵はまったく通用しないであろう。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

勇気のない者は、賢いとはいえない。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

事故の原因は、事故そのものよりも興味深い。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

真の友情を官職とか国家の公務に従事する人々の間に見出すは最も困難なり。友の昇進を自己のそれよりも大切に思うごとき人物がいずこに見出しえるか。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

知恵とは、求めるべきもの及び避けるべきものについての知識なり。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

己自身に全面的に頼り、己自身のうちにすべてを所有するものが幸福にあらざるなどはありえず。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

顔は精神の門にして、その肖像なり。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

へつらいとは、悪徳の侍女なり。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

黙して隠された敵意は、公然と言われた敵意より恐れられるものだ。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

多様であることは歓びをもたらす。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

たとえ神とは何であるか知らなくても、神をあがめることを知らない民族ほど野蛮な民族はない。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

賢明な思考よりも、慎重な行動が重要である。




Warning: file(http://smartomaizu.com/Language-of-flowers/logfile.log) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/smartomaizu/about2.php on line 67

Warning: Variable passed to each() is not an array or object in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/smartomaizu/about2.php on line 68

Warning: array_rand() [function.array-rand]: Second argument has to be between 1 and the number of elements in the array in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/smartomaizu/about2.php on line 70

花言葉


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/lolipop.jp-38751aa8648379bc/web/smartomaizu/about2.php on line 77