マハトマ・ガンディーの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

マハトマ・ガンディー|53件。

『マハトマ・ガンジー』より : モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(グジャラーティー文字表記:મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધી、デーヴァナーガリー文字表記: मोहनदास करमचन्द गांधी、ラテン文字表記:Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 - 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者。 マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー(महात्मा)」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(बापू:「父親」の意味)とも呼ばれている。日本語では「ガンジー」とも表記される。 1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。ガンディーの誕生日にちなみ、インドで毎年10月2日は「ガンディー記念日」(गांधी जयंती、ガーンディー・ジャヤンティー)という国民の休日となっており、2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力デーという国際デーとすることが決議された。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

私の生き様が、私のメッセージである。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

幸福とは、考えること、言うこと、することが調和している状態である。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

人間性にたいする信頼を失ってはならない。人間性とは大海である。仮に大海の一滴が汚れていたとしても、大海そのものが汚くなるわけではない。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

間違いを犯す自由が含まれていないのであれば、自由は持つに値しない。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

暴力によって得た勝利というものは敗北に等しい。それはつかの間のものだからである。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

私が生きんがため、奉仕せんがために食べるし、また、たまたま楽しむために食べることがあっても、享楽のために食べるものではない。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

何か信じるものがあるのに、それに従って生きない人間は信用できない。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

すべての人の目から、あらゆる涙を拭い去ることが私の願いである。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

臆病なものは愛を表明することができない。 愛を表明するとは勇敢さの現れである。

マハトマ・マハトマ・ガンディー

物事は、初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである。