マイケル・ポーターの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

マイケル・ポーター|36件。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

人々とのつながりを構築したいという、とても社会的な思いから始めた起業家もいます。別の起業家は病気を発見する機械を作ることに情熱を燃やすかもしれませんし、人々が買い物をする方法を変えることに情熱を燃やす人もいます。そこから生まれた企業のひとつが米アマゾン・ドット・コムです。より効率的にエネルギーを使う方法を考案するなど、全く別のことに情熱を燃やす人もいるはずです。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

企業規模は成功を決定するうえで最も重要な要素ではありません。重要なのは、自らの立ち位置をしっかりと固めることです。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

戦略の中核を成す原則は、「顧客のためにユニークな価値を創出する」「何をして何をしないかを明確にし、選択する」の2つです。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

多くのビジネスリーダーは投資家や株主のためにしなければならないことばかりを考え、ときとして「会社が成功するために必要なことは何か」という大局を見失っています。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

毎年、数人の教え子が「私はこれから何をすべきでしょうか」と聞きに来ます。私のアドバイスはいつも同じです。「報酬をもらえなくてもやりたいと思えることは何かを考えなさい」と。名声や高額の報酬を得たくて仕事を選ぶ人は、偉大な経営者にはなれません。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

仕事に情熱を持つだけでは、事業を成功に導くことはできません。情熱があっても失敗する人は大勢います。情熱や体内から湧き起こるエネルギーと、明確な選択の組み合わせが大切です。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

戦略の立案の仕方を知らなくても、優れた戦略は立てられます。多くの場合、それは自分の信念をもとに実行することから始まります。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

他社とは異なる選択をすることで差別化を図ると同時に、万人を喜ばせるのとは別の方向へ進む。戦略の本質を簡潔に言い表せばこうなります。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

今日のグローバル経済においても、競争上の優位性は、地域の遺産や特徴を利用することによって獲得できることが多い。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

「人を喜ばせる」という思いは、資本主義の神髄です。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

他人と同じ、もしくは他人のやっていることを少し良くしようという程度では、事業は成功しない。

マイケル・ポーター - Michael Eugene Porter

成功する会社は皆、顧客のニーズをどう満たすかという点について新しい発想を持っています。

マイケル・ポーター(Michael Eugene Porter、1947年5月23日 - )は、アメリカ合衆国の経営学者。学位は経済学博士(ハーバード大学・1973年)。ハーバード大学経営大学院教授。 ミシガン州アナーバーにて生まれ、上級軍人である父親と共に世界各地を渡り歩いて育った。1969年にプリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業。高校時代にはアメリカンフットボールと野球で州代表に、大学時代にはゴルフで全米代表(NCAA)チームに選ばれるなど運動能力も抜群だった。 1971年、ハーバード大学にて経営学修士号(Master of Business Administration)を取得した。1973年には、同大学大学院にて経済学博士号(Ph.D. in Business Economics)を取得した。1982年には同学史上最年少の正教授となる。現在では、ハーバード大学の教授の職位の一つである「Bishop William Lawrence University Professor」として活動している。