マイケル・ジョーダンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

マイケル・ジョーダン|43件。

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない。ただ、ベストを尽くすチャンスと、ある程度の成功を収められる可能性があるだけだ。

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

自分に期待することではじめて物事は可能になる。

You have to expect things of yourself before you can do them.

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

一度でもあきらめてしまうと、それが癖になる。絶対にあきらめるな!

If you quit ONCE it becomes a habit. Never quit!!!

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

無理だなんて絶対に口にするな。限界は恐怖と同じで、大抵幻想にしか過ぎないから。

Never say never, because limits, like fears, are often just an illusion.

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

第二のマイケル・ジョーダンは現れないだろう。そして私も他の選手にマイケル・ジョーダンになれとは言わない。

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

僕はどんな選手とチームを組みたいのか?僕は、チームのために犠牲を払うのは嫌だ、という5人のスーパースターとチームを組むよりも、個々の能力はそれほどでもないが、ひとつのチームとして結束できる5人の選手とプレイをしたいと思っている。

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

チームになれば見えなくなるが、だが勝利の後には必ず個々人の力が存在しているんだ。

There is no “I” in team but there is in win.

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

わかりやすい格言を紹介しておこう。何事をなすにも、正しい方法と間違った方法があるという格言だ。たとえば、毎日8時間シュートの練習をしたとしよう。もし、この場合、間違った技術で練習を続けていたとしたら、間違った技術でシュートする名人になるだけだ。

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

成功を学ぶためには、まず失敗を学ばねばならない。

To learn to succeed, you must first learn to fail.

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

もし自分の弱みとされる部分に立ち向かわなければならなくなったら、私はそれを強みに変えるやり方でやってきた。

If you push me towards something that you think is a weakness, then I will turn that perceived weakness into a strength.

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

成功は、やみくもに追い求めるものじゃない。それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る。それがわかっていない人が多いんだ。

Success isn’t something you chase. It’s something you have to put forth the effort for constantly. Then maybe it’ll come when you least expect it. Most people don’t understand that.

マイケル・ジョーダン - Michael Jordan

ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない。

Step by step. I can’t see any other way of accomplishing anything.

マイケル・ジェフリー・ジョーダン(英語: Michael Jeffrey Jordan, 1963年2月17日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーした。その実績からバスケットボールの神様とも評される。 15年間に亘る選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位、通算得点は32,292点で歴代4位。1990年代にシカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、5度のシーズンMVP、6度のNBAファイナルMVP受賞。また、1984年のロサンゼルスオリンピックと、1992年のバルセロナオリンピックにおいてアメリカ代表(ドリームチーム)の一員として2度にわたり金メダルを獲得した。現役時代の背番号23はシカゴ・ブルズ、マイアミ・ヒート、ノースカロライナ大学の永久欠番。1996年、NBA50周年を記念したNBA50周年記念オールタイムチームの一人に選出。2009年にはバスケットボール殿堂入りした。 現役引退後、2010年にシャーロット・ボブキャッツ(現・シャーロット・ホーネッツ)を買収し、現在は実業家として同チームの筆頭オーナーを務めている。