ヘルマン・ヘッセの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ヘルマン・ヘッセ|42件。

ヘルマン・ヘッセ

君の中には、君に必要なすべてがある。「太陽」もある。「星」もある。「月」もある。君の求める光は、君自身の内にあるのだ。

ヘルマン・ヘッセ

君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。

ヘルマン・ヘッセ

運命は、どこかよそからやってくるものではなく、自分の心の中で成長するものである。

ヘルマン・ヘッセ

愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。

ヘルマン・ヘッセ

日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。

ヘルマン・ヘッセ

詩は音楽にならなかった言葉であり、音楽は言葉にならなかった詩である。

ヘルマン・ヘッセ

鳥は卵からむりやり出ようとする。卵は世界である。生まれ出ようとする者は一つの世界を破壊しなければならない。

ヘルマン・ヘッセ

真実は体験するもので、教わるものではない。

Truth is lived, not taught.

ヘルマン・ヘッセ

もしあなたが人を憎むなら、あなたは、あなた自身の一部でもある彼の中の何かを憎んでいるのだ。我々自身の一部でないようなものは、我々の心をかき乱さない。

If you hate a person, you hate something in him that is part of yourself. What isn’t part of ourselves doesn’t disturb us.

ヘルマン・ヘッセ

恋とは、私たちを幸せにするためにあるのではありません。恋は、私達が苦悩と忍従の中で、どれほど強くありえるか、ということを自分に示すためにあるものです。

ヘルマン・ヘッセ

あなたの苦しみを愛しなさい。それに抵抗しないこと、それから逃げないこと。苦しいのは、あなたが逃げているからです。それだけです。

ヘルマン・ヘッセ

自分の道を進む人は、誰でも英雄です。

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse, 1877年7月2日 - 1962年8月9日)は、ドイツの作家。主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者である。 南ドイツの風物のなかで、穏やかな人間の生き方を画いた作品が多い。また、ヘッセは、風景や蝶々などの水彩画もよくしたため、自身の絵を添えた詩文集も刊行している。そして、1946年、彼は、『ガラス玉演戯』などの作品が評価され、ノーベル文学賞を受賞した。 生涯 1877年、ヘッセは、ドイツ南部ヴュルテンベルク王国のカルフに生まれる。 ヘッセ家は、エストニアのバルト・ドイツ人の家系である。ヘッセの父親は、その名をカール・オットー・ヨハネスといい、スイス・バーゼルの宣教師であった。カールは、ヘッセの祖父カール・ヘルマン・ヘッセと祖母イェニー・ラスとの間に生まれた五男であった。そして、カールは、インド生まれのマリー・グンデルト(スイス系ドイツ人の宣教師ヘルマン・グンデルトの娘で、母方の従弟にヴィルヘルム・グンデルトがいる)との間に4人の子供をもうけた。