プラトンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

プラトン|40件。

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。

Plato is my friend, Aristotle is my friend, but my best friend is truth.

プラトン - Platon

哲学は、最高の文芸なり。

プラトン - Platon

徳は一種の健康であり、美であり、魂のよいあり方なり。それに反し、悪徳は病気であり、醜であり、弱さなり。

プラトン - Platon

親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。

Be kind, for everyone you meet is fighting a harder battle.

プラトン - Platon

驚きは、知ることの始まりである。

プラトン - Platon

科学は、知覚以外の何物でもなし。

Science is nothing but perception.

プラトン - Platon

あなたの悲哀がいかに大きくても、世間の同情を乞おうとしてはならない。なぜなら、同情の中には軽蔑の念が含まれているからだ。

プラトン - Platon

正義とは、己にふさわしきものを所有し、己にふさわしきように行為することなり。

プラトン - Platon

徹底的にどうしようもなく道を踏みはずした悪人に対しては、怒りをあらわにすべきである。

プラトン - Platon

無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。

プラトン - Platon

時は、未来永劫の幻影なり。

プラトン - Platon

少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。

Do not train a child to learn by force or harshness; but direct them to it by what amuses their minds, so that you may be better able to discover with accuracy the peculiar bent of the genius of each.

プラトン(プラトーン、Ἀρχαία ἑλληνικὴ: Πλάτων、Platon、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。 プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた。『ソクラテスの弁明』や『国家』等の著作で知られる。現存する著作の大半は対話篇という形式を取っており、一部の例外を除けば、プラトンの師であるソクラテスを主要な語り手とする。 プラトンは、師ソクラテスから問答法(弁証法)と、(「無知の知」や「行き詰まり」(アポリア)を経ながら)正義・徳・善を理知的かつ執拗に追求していく哲学者(愛知者)としての主知主義的な姿勢を学び、国家公共に携わる政治家を目指していたが、三十人政権やその後の民主派政権の惨状を目の当たりにして、現実政治に関わるのを避け、ソクラテス死後の30代からは、対話篇を執筆しつつ、哲学の追求と政治との統合を模索していくようになる。

プラトン・アカデミー(Accademica Platonica)はルネサンス期にフィレンツェ・メディチ家の周囲に集まった人文主義者らによる私的なサークルをいう。大学のようなものではなく、フィチーノの友人たちの集まり、と言ってもよい。 メディチ家当主のコジモ(1389年-1464年)は、古代ギリシア哲学、特にプラトンの思想に強い関心を持っていた。1439年のフィレンツェ公会議の際に東ローマ帝国の代表団の一人としてやってきた哲学者プレトンが行ったプラトン講義をきっかけに、フィレンツェではプラトン哲学への関心が高まっていたのである。 コジモは侍医の子であるフィチーノに語学の才能があるのを見抜き、1462年頃からフィレンツェ郊外カレッジ(Careggi)にあるメディチ家別荘の近くに別荘を与え、プラトンのラテン語翻訳に従事させた。フィチーノはプラトン全集やヘルメス文書などの翻訳により、名声を博した。そしてカレッジの別荘ではプラトンに心酔し、古代のアカデメイアに憧れる人文主義者らの会合が開かれるようになった。

プラトン (Plato) は、月の表側にある巨大なクレーターであり、雨の海の北東の沿岸に位置する。ソクラテスの弟子で、地球は惑星と恒星に取り巻かれた球体であると考えた古代ギリシアの有名な哲学者、プラトンにちなんで名づけられた。 プラトンはアルプス山脈の西端に位置し、岩だらけの荒れた地形に周囲を囲まれている。プラトンのすぐ南には雨の海が、プラトンの北には氷の海が広がっており、プラトンの南方、雨の海の上にはテネリッフェ山脈がそびえている。プラトンの北東にはプラトン峡谷と呼ばれる複数の深い谷が走っており、プラトンとアルプス山脈とを隔てている。 プラトンは約30億年前に形成された壁平原であり、雨の海よりも若いクレーターである。プラトンの周壁は不規則な形状をしており、プラトンの底面から最高で2キロメートルの高さがある。プラトンは高い周壁を持っているため、太陽が低い位置にあるときにはプラトンの底面のほとんどが周壁の陰に隠れてしまう。周壁の内側は過度な急斜面であり、西側の周壁の一部は三角形状に崩落している。プラトンの周壁はきれいな円形をしているが、高緯度に位置するため、地球から観察すると東西方向に長い楕円形に見える。

社名 プラトン社
英文社名=
ロゴ File:Kuraku 19240101.jpg thumb 150px center thumb 『苦楽』新年創刊号(第1巻第1号、1924年1月1日発行
種類 出版社
市場情報=
略称=
郵便番号=
本社所在地 大阪市東区 (大阪市) 東区谷町5丁目乙20番地 (現在の同市中央区 (大阪市) 中央区谷町5丁目)
電話番号=
設立 1922年(大正11年)
業種 出版業
統一金融機関コード=
SWIFTコード=
事業内容 雑誌『女性 (雑誌) 女性』『苦楽』『演劇・映画』の編集・発行単行本の編集・発行
代表者 中山豊三
資本金=
発行済株式総数=
売上高=