フローレンス・ナイチンゲールの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

フローレンス・ナイチンゲール|79件。

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

何かに対して「使命」を感じるとはどういうことであろうか? それは何が「正しく」何が「最善」であるかという、あなた自身がもっている高い理念を達成させるために自分の仕事をすることであり、もし、その仕事をしないでいたら「指摘される」からするというのではない、ということではなかろうか。これが「熱中するということ」であり、自分の使命を全うするためには、誰もがもっていなければならないものなのである

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないことでしょう

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

愛というのは、その人の過ちや自分との意見の対立を許してあげられること

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

私が成功したのは、決して弁解したり、弁解を受け入れなかったからです

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

最も上手に人をおさめるのは、自分の責任下にある人々を愚かに甘やかすのではなく、その人のためになること、その人にとって最高の利益になることを、親身になって考える人です

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

あなた方は進歩し続けない限りは退歩していることになるのです。目的を高く掲げなさい

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

物事を始めるチャンスを、私は逃さない。たとえマスタードの種のように小さな始まりでも、芽を出し、根を張ることがいくらでもある

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

人の思いは、言葉に変わることで無駄にされているように、私には思えるのです。それらは皆、結果をもたらす行動に変わるべきものなのです

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者である

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

命を奪われた男たちの前に立って思う。生きている限り、彼らを死に追いやった相手と戦い続けると

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

人生を生きるには、修練が必要です。「まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志」のうちに人生をうやむやに過ごしてはなりません

フローレンス・ナイチンゲール - Florence Nightingale

病院の第一の条件は、患者に害を与えないことである

フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale、1820年5月12日 - 1910年8月13日)は、イギリスの看護師、社会起業家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の母。病院建築でも非凡な才能を発揮した。クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。国際看護師の日(5月12日)は彼女の誕生日である。 ロンドンの聖トーマス病院に付属してナイチンゲール看護学校を設立、これは世界初の宗教系でない看護学校であり、現在はキングス・カレッジ・ロンドンの一部となっている。 ギリシア哲学についても造詣が深く、オックスフォード大学のプラトン学者、ベンジャミン・ジョウェットとも親しく交流した。 青年期 裕福なジェントリの家庭である両親の2年間の新婚旅行中にトスカーナ大公国の首都フィレンツェで生まれ、フローレンス(フィレンツェの英語読み)と名づけられる。

フローレンス・ナイチンゲール記章(フローレンス ナイチンゲール きしょう)とは、赤十字が看護に功労のあった看護師及び応急手当において著しい貢献をした篤志看護補助者などを対象に授与される栄章 記章のことである。
フローレンス・ナイチンゲール記章は1907年の第8回(1907年)、1912年の第9両赤十字国際会議の決議に基づいて制定された「フローレンス・ナイチンゲール基金」によって創設された表彰記章である。医療看護の分野で国際的な功績著しいフローレンス・ナイチンゲールの生誕100周年を記念して1920年に第1回の記章の授与がなされた。当初は女性のみを対象としていたが、第34回以降の授与では男性も受章対象者に含まれ、今日に至っている。
記章は鍍銀製アーモンド型メダル。表面は燭を手にしたナイチンゲール像と「1820~1910年フローレンス・ナイチンゲール女史記念」の文字があり、裏面には受章者名と、ラテン語で「博愛の功徳を顕揚し、これを永遠に世界に伝える」と刻まれる。