フランツ・カフカの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

フランツ・カフカ|27件。

フランツ・カフカ - Franz Kafka

あなたと世の中との戦いなら、世の中のほうに賭けなさい。

In the struggle between yourself and the world, back the world.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

あるのは目標だけだ。道はない。われわれが道と呼んでいるのは、ためらいに他ならない。

There is a destination but no path; what we call path is hesitation.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

真の道は一本の網の上に通じている。その網は、空中に張られているのではなく、地面のすぐ上に張ってある。渡って歩くためよりは、つまずかせるためのものであるらしい。

The true way is along a rope that is not spanned high in the air, but only just above the ground. It seems intended more to cause stumbling than to be walked upon.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

人間には他のあらゆる罪悪がそこから出てくる二つの主な罪悪がある。すなわち短気と怠惰。

There are two cardinal sins from which all others spring: Impatience and Laziness.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

精神の世界以外には何も存在しないという事実、これがわれわれから希望を奪い取って、われわれに確信を与える。

The fact that there is nothing but a spiritual world deprives us of hope and gives us certainty.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

書物は我々のうちなる凍った海のための斧なのだ。

A book must be the axe for the frozen sea inside us.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

真実のない生というものはありえない。真実とは多分、生そのものであろう。

Life without truth is not possible. Truth is perhaps life itself.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。

Youth is happy because it has the capacity to see beauty. Anyone who keeps the ability to see beauty never grows old.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

ある地点からは、もはや立ち帰ることはできない。その地点まで到達しなければならぬ。

Beyond a certain point there is no return. This point has to be reached.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

鳥籠が鳥を探しに出かけていった。

A cage went in search of a bird.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

誰もが真実を見ることができるとはいえない、しかし真実であることはできる。

Not everyone can see the truth, but he can be it.

フランツ・カフカ - Franz Kafka

精神は、支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。

The spirit becomes free only when it ceases to be a support.

フランツ・カフカ(Franz Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。 生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。 生涯 この節では主に生活史について記述する。作品の変遷などについては#作風・執筆歴他を参照。 出自と家庭 フランツ・カフカは1883年、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハにおいて、高級小間物商を営むヘルマン・カフカ(1852年 - 1931年)とその妻ユーリエ(1856年 – 1934年)との間に生まれた。

フランツ・カフカ賞(フランツ・カフカしょう、チェコ語: Cena Franze Kafky)は、チェコの文学賞。 2001年創設。チェコのフランツ・カフカ協会がプラハ出身の作家フランツ・カフカにちなんで創設した賞であり、「現代の世界文学における最も偉大な作家の一人であるカフカの作品のように、自らの出自や国民性、属する文化といったものにとらわれない読み手たちに向けて書こうとする現代作家の、芸術的に特に優れた文学作品を評価すること」を指針として受賞者の選定が行われる。賞金は1万ドルであり、カフカにちなんだブロンズ像が副賞として贈られる。授賞式はプラハの旧市庁舎で行われる。 2004年にオーストリアの女性作家エルフリーデ・イェリネク、2005年にはイギリスの劇作家ハロルド・ピンターが受賞し、両名はいずれも同年にノーベル文学賞を受賞した。2006年には日本の村上春樹がアジア圏で初の受賞、2007年にはフランスのイヴ・ボヌフォワが詩人として初の受賞を果たしている。 受賞者一覧 外部リンク SPOLEČNOST FRANZE KAFKY (チェコ語) (英語) (ドイツ語)。