フランシス・ベーコンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

フランシス・ベーコン|53件。

フランシス・ベーコン

知識は力なり。

Knowledge is power.

フランシス・ベーコン

賢者はチャンスを見つけるよりも、みずからチャンスを創りだす。

A wise man will make more opportunities than he finds.

フランシス・ベーコン

名声は炎のようなものだ。一度つければ、保つのは簡単だが、もし消してしまえば、もう一度燃え上がらせるのは難しい。

Good fame is like fire; when you have kindled you may easily preserve it; but if you extinguish it, you will not easily kindle it again.

フランシス・ベーコン

恋をして、しかも賢くあることは不可能だ。

It is impossible to love and to be wise.

フランシス・ベーコン

読むことは人を豊かにし、話すことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。

Reading maketh a full man, conference a ready man, and writing an exact man.

フランシス・ベーコン

沈黙は愚者たちの美徳である。

Silence is the virtue of fools.

フランシス・ベーコン

海のほか何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、けっしてすぐれた探検家ではない。

They are ill discoverers that think there is no land, when they can see nothing but sea.

フランシス・ベーコン

生来の才能とは自然の植物のようなものである。研鑚によって余計なものを刈り取らなければならない。

Natural abilities are like natural plants; they need pruning by study.

フランシス・ベーコン

最上の証明とは経験である。

By far the best proof is experience.

フランシス・ベーコン

死は我々の友である。死を受け入れる用意の出来ていないものは、何かを心得ているとはいえない。

Death is a friend of ours; and he that is not ready to entertain him is not at home.

フランシス・ベーコン

希望は朝食としてはよいものだが、夕食としてはよくない。

Hope is a good breakfast, but it is a bud supper.

フランシス・ベーコン

慈悲にはしすぎるということがない。

In charity there is no excess.

フランシス・ベーコン、 -ベイコン(Francis Bacon) フランシス・ベーコン (哲学者) - イングランドの科学者、哲学者。 フランシス・ベーコン (芸術家) - アイルランドの芸術家。 フランシス・トーマス・ベーコン - イギリスの科学者。水酸化カリウム水溶液を電解質に使用した燃料電池を開発した。哲学者フランシス・ベーコンの直系の子孫にあたる。

フランシス・ベーコン(Francis Bacon, Baron Verulam and Viscount St. Albans、1561年1月22日 - 1626年4月9日)は、イギリスの哲学者、神学者、法学者、貴族(子爵)である。イングランド近世(ルネサンス期)の人物。 「知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)の名言で有名。 生涯 エリザベス1世の国璽尚書を務めたニコラス・ベーコンの子。12歳でケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学。その後、ロンドンのグレイ法曹院で法律を学ぶ。18歳で父を亡くした後、23歳で国会議員となり、当時、エリザベス女王の寵臣だったエセックス伯の腹心となる。1601年にエセックス伯が反乱を起こすと法律家として告発し、処刑後は事件の全貌を明らかにする公開書の作成にあたった。 エリザベス朝期およびジェームズ1世期の初期には栄達に恵まれず、この時期の1605年に『学問の進歩』を出版する。1606年、45歳のときに14歳の少女と再婚、1607年に法務次長になったことを皮切りに順調に栄達し、1617年に国璽尚書、翌年には大法官となる。

フランシス・ベーコン(Francis Bacon、1909年10月28日 - 1992年4月28日)は、アイルランドの画家。抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた。20世紀最も重要な画家の一人とされ、現代美術に多大な影響を与えた。 作品は大部分が激しくデフォルメされ、歪められ、あるいは大きな口を開けて叫ぶ奇怪な人間像であり、人間存在の根本にある不安を描き出したものと言われている。大きな口を開けて叫ぶ姿は、口を開けた状態の歯がたくさん載った写真集(歯医者向けのものと思われる)や、映画 『戦艦ポチョムキン』 の中で、銃で額を撃たれて叫ぶ老女の姿を参照している。 1909年、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国(現アイルランド)のダブリンに生まれた。父方の家系はニコラス・ベーコン(準男爵、下院議員。哲学者フランシス・ベーコンの異母兄)の直系の子孫であるとされている。父親のエドワードはボーア戦争に従軍した退役軍人で、競走馬の訓練士であった。小児喘息の持病があったベーコンは正規の学校教育を受けず、個人授業を受けていた。