ピーター・ドラッカーの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ピーター・ドラッカー|60件。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。 他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。父・アドルフ・ドルッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった。 ウィーンで裕福なドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれる。1917年に両親の紹介で、同じユダヤ人の精神科医ジークムント・フロイトに会う。 1929年、ドイツ・フランクフルト・アム・マインの『フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー』紙の記者になる。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

今日、完全な青写真を提示している者は、何が本当の問題かを知らないことを暗に白状しているにすぎない。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

できることから始めるのではなく、正しいことから始めるのです。

Start with what is right rather than what is acceptable.

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

企業経営のエッセンスは、何かに「卓越」することと、「決断」することである。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

ビジネスの目的の正当な定義はただひとつ。顧客を作り出すことである。

There is only one valid definition of business purpose: to create a customer.

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

成果とはつねに成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

現実が主人である。カリスマの公約、プログラム、思想に対し現実のほうが膝を屈することはない。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

企業は何よりも「アイデア」であり、アイデアを生むことができるのは個々の人間だけである。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

知識労働者がすべて同質のものだなどと考えたら、大間違いである。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

有能さは修得できる。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

科学的経営経済学などは存在しない。業績を上げる方法は、実は誰でもが承知している。

ピーター・ドラッカー - Peter Drucker

世の中の認識が、「コップに水が半分入っている」から「半分空である」に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる。

If general perception changes from seeing the glass as “half full” to seeing it as “half empty”, there are major innovative opportunities.