ナミの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ナミ|12件。

ナミ - Nami

‥あら 男をくどくのに許可が必要なの?

ナミ - Nami

お生憎…!! あんた達みたいな小物チームには私は勿体ないわ!!!

ナミ - Nami

神?あぁ、なんぼのもんよ。値打ちあんの?

ナミ - Nami

抵抗しないのがかわいいんなら願い下げよ!!

ナミ - Nami

ルフィ…助けて…。

ナミ - Nami

子供に 泣いて助けてって言われたら!!!もう背中向けられないじゃないっ!!!

ナミ - Nami

望むものを1人で手に入れて何が楽しいの?ほんとは・・・!!!やりたい事も欲しい物も・・・たくさんあるけど・・・・・・このままあいつらを捨ててあんたと一緒に行くくらいなら!!!私もう!!!何もいらない!!!!!

ナミ - Nami

幸せパンチ!! ハラリ… 一人10万よ。

ナミ - Nami

もう泣くだけ泣いた・・・!!弱音も吐いた・・・・・・!!覚悟も決めた!!行かなきゃ・・・・・・・・・!!みんな戦ってるんだ!!!

ナミ - Nami

――だから私の人生に勝手に謝らないで!!捨てたもんじゃないのよ? 今 楽しいもん。

ナミ - Nami

助けていいんだとわかった時のあいつらの強さに限度なんてないんだからっ!!!!

ナミ - Nami

もう泣かないって決めた!! 一人で戦うって決めたの!!!

ナミ ナミ (ONE PIECE) - 日本の漫画『ONE PIECE』の登場人物。同作のメインヒロイン。 ナミ (歌手) - 韓国の女性シンガー。

ナミ(Nami)は、尾田栄一郎作の漫画『ONE PIECE』及びそれを原作とするテレビアニメに登場する架空の人物で、同作品のヒロインである。テレビアニメでは岡村明美と山崎和佳奈(岡村が休業時の代役)、「ジャンプ・スーパー・アニメツアー”98:『倒せ!海賊ギャンザック』」では豊口めぐみが声を担当している。
所属:魚人海賊団アーロン一味幹部 兼 航海士・測量士→麦わらの一味・航海士
異名:泥棒猫 ナミ
懸賞金:16,000,000(1600万)ベリー
誕生日:7月3日(73=なみ)
年齢:18歳
身長:169cm
3サイズ:(Iカップ)B95・W55・H85(アニメ353話より)
出身:東の海(ココヤシ村)  
夢:自分の目で見た世界中の海図を描くこと
好きな食べ物:みかん・フルーツ全般

『ナミビア』より : ナミビア共和国 Republic of NamibiaRepubliek van NamibiëRepublik Namibia 国の標語:Unity, Liberty, Justice(英語: 統一、自由、正義) 国歌:ナミビア、勇者の地(Namibia, Land of the Brave) ナミビアの位置 ナミビア共和国(ナミビアきょうわこく)、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家である。北にアンゴラ、北東にザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。首都はウィントフック。イギリス連邦加盟国。 当初ドイツ(一部イギリス)が植民地とし、植民地時代の名称は南西アフリカ。第一次世界大戦以後は南アフリカ連邦の委任統治下に置かれていたが、第二次世界大戦後の国際連盟解散を機に国際法上違法な併合を行った。その後1966年にナミビア独立戦争が始まり、1990年に独立を達成した。南アフリカ共和国の統治時代には人種隔離政策が行われ、バントゥースタン(ホームランド)が置かれた。

ナミビア共和国 Republic of NamibiaRepubliek van NamibiëRepublik Namibia 国の標語:Unity, Liberty, Justice(英語: 統一、自由、正義) 国歌:ナミビア、勇者の地(Namibia, Land of the Brave) ナミビアの位置 ナミビア共和国(ナミビアきょうわこく)、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家である。北にアンゴラ、北東にザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。首都はウィントフック。イギリス連邦加盟国。 当初ドイツ(一部イギリス)が植民地とし、植民地時代の名称は南西アフリカ。第一次世界大戦以後は南アフリカ連邦の委任統治下に置かれていたが、第二次世界大戦後の国際連盟解散を機に国際法上違法な併合を行った。その後1966年にナミビア独立戦争が始まり、1990年に独立を達成した。南アフリカ共和国の統治時代には人種隔離政策が行われ、バントゥースタン(ホームランド)が置かれた。

ナミアゲハ(並揚羽、学名:Papilio xuthus)は、チョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの1種。日本では人家の周辺でよく見られるなじみ深いチョウである。 単にアゲハ、またはアゲハチョウとも呼ばれるが、これらの呼び名は他のアゲハチョウ亜科のチョウとの混称や総称として使われることも多い。 形態・生態 成虫の前翅長は4 - 6cmほどで、春に発生する個体(春型)は夏に発生する個体(夏型)よりも小さい。翅は黒地に黄白色の斑紋や線が多数入る。さらに後翅には水色や橙色の斑紋もあり、尾状突起の内側には橙色の円形の斑点がある。この橙色の斑点は目玉模様(眼状紋)としての役割をもち、鳥などから頭を守る役割があると考えられている。外見はキアゲハによく似ているが、ナミアゲハは翅の根もとまで黄白色の線が入り、全体的に黒い部分が太い。 ナミアゲハのオスメスは腹部先端の形で区別できるが、外見からはあまり判らない。ただしメスは産卵のためにミカン科植物に集まるので、それらの植物の周囲を飛び回っている個体はメスの確率が高い。

ナミヘビ科(ナミヘビか、Colubridae)はヘビの科の一つ。 分布 南極大陸を除く全大陸に分布。 形態 最大種はオオカサントウ。頭部の鱗は大型。様々な環境に生息するため、環境に応じて様々な形態をしている。 毒 毒蛇というと別科のコブラ科やクサリヘビ科が有名だが、本科にも有毒種がいる。多くの有毒種は人体に深刻な被害をもたらすほどの強毒は持たないとされるが、ブームスラングやヤマカガシ等では噛まれた人の死亡例もある。別科の毒蛇と違い本科の有毒種の毒牙は奥歯にあるため後牙類とも呼ばれる。 生態 草原、森林、河川、池沼、湿地、農耕地等、人の手が加わった環境も含め様々な環境に生息する。地上棲、樹上棲、水棲と環境に合わせて適応している。 食性は総じて動物食で、小型哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類等を食べる。 偏食をする種もおり上記に挙げた生物や昆虫類、ミミズ、カタツムリ、卵等を専食する種がいる。 繁殖形態は主に卵生だが、寒冷地や水中に生息する種等では卵胎生の種もいる。

色=pink
名称=ナミウズムシ
界=動物界 w:Animalia Animalia
門=扁形動物門 w:Platyhelminthes Platyhelminthes
綱=ウズムシ綱(渦虫綱) :en:Turbellaria Turbellaria
目=ウズムシ目(三岐腸目) :en:Tricladida Tricladida
亜目=ウズムシ亜目(淡水生三岐腸亜目)
:en:Paludicola Paludicola
科=サンカクアタマウズムシ科 Dugesiidae
属=ナミウズムシ属 ”Dugesia”
種=”japonica”
学名=”Dugesia japonica”
和名=ナミウズムシ
英名=w:Planaria Planaria
ナミウズムシ(”Dugesia japonica”)とは、ウズムシ目ウズムシ亜目サンカクアタマウズムシ科に分類されるウズムシである。プラナリアと呼ばれるのはこの種であることも多いが、本来もっと広い分類群を指すものである。
日本ではもっともよく見かけるウズムシで、北海道北部を除く日本全域に分布している。比較的水質の良い湧水や河川に生息している。

『タツナミソウ属』より : ナミキソウ(波来草、学名:Scutellaria strigillosa)は、シソ科タツナミソウ属の多年草。海浜植物。 砂浜で細長い地下茎を伸ばしてふえる。高さは10-40cmになり、茎には毛があり4角になる。葉は質が厚く、長楕円形で先は円く、長さ1.5-3.5cm、幅1-1.5cmになる。縁には低い鈍鋸歯があり、両面に少し毛があり、短い葉柄をもって対生する。 花期は6-9月。花は上部の葉腋に1個ずつつき、一方向に2個が向かって咲く。花冠は長さ2-2.2cmになる青紫色の唇形で、筒部は長く、基部で急に折れ曲がって直立する。萼は花時には長さ3mm、果時には5mmになる。 分布と生育環境 日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、海岸の砂地に生育する。世界では、朝鮮、中国(東北部)、千島、樺太に分布する。 海岸の波打ちぎわに近い砂浜に生育することから、ナミキソウ(波来草)という。 ギャラリー シノニム Scutellaria scordiifolia Fisch. ex Schrank subsp. strigillosa (Hemsl.) H.Hara Scutellaria scordiifolia Fisch. ex Schrank var. pubescens Miq. 下位分類 エゾナミキ –(シノニム) Scutellaria strigillosa Hemsl. var. yezoensis (Kudô) Kitam. -(標準名) Scutellaria yezoensis Kudôシロバナナミキソウ Scutellaria strigillosa Hemsl. f. albiflora Kawano ケナミキソウ Scutellaria strigillosa Hemsl. f. hirta (F.Schmidt) H.Hara 脚注 参考文献 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本III 合弁花類』、1981年、平凡社 林弥栄編『山溪カラー名鑑 日本の野草』、1983年、山と溪谷社 林弥栄・平野隆久『山溪ハンディ図鑑1 野に咲く花』、1989年、山と溪谷社 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)。

『南楊州市』より : 南楊州市(ナミャンジュし)は、京畿道の中部にある市である。市庁舎は第1庁舎(旧渼金市庁)(市議会がある)と第2庁舎(旧南楊州郡庁)の分庁方式を採用している。 ソウル特別市の東に位置し、ソウル市庁より南楊州市庁第1庁舎は東北東へ22km。ソウルのベッドタウンであり、人口は1990年に約20万人だったのが、1998年に30万人、2003年に40万人、2008年に50万人を突破している。2010年の外国人人口は5,615人で、中国人が最も多く約2,200人、日本人は190人が登録されている。また、モンゴル国との交流も深く、市内にはモンゴル文化村があり、市の公式ホームページも英語・日本語・中国語版のほかモンゴル語版も用意されている。 南楊州市、渼金市 1989年1月1日 - 南楊州郡渼金邑が渼金市に昇格。 1995年1月1日 - 渼金市・南楊州郡が合併し、南楊州市が発足(3邑5面)。 1995年5月6日 - 榛接邑梧南出張所を梧南面に昇格(3邑6面)。 2001年9月12日(5邑4面) 真乾面が真乾邑に昇格。

『南楊州市』より : 南楊州市(ナミャンジュし)は、京畿道の中部にある市である。市庁舎は第1庁舎(旧渼金市庁)(市議会がある)と第2庁舎(旧南楊州郡庁)の分庁方式を採用している。 ソウル特別市の東に位置し、ソウル市庁より南楊州市庁第1庁舎は東北東へ22km。ソウルのベッドタウンであり、人口は1990年に約20万人だったのが、1998年に30万人、2003年に40万人、2008年に50万人を突破している。2010年の外国人人口は5,615人で、中国人が最も多く約2,200人、日本人は190人が登録されている。また、モンゴル国との交流も深く、市内にはモンゴル文化村があり、市の公式ホームページも英語・日本語・中国語版のほかモンゴル語版も用意されている。 南楊州市、渼金市 1989年1月1日 - 南楊州郡渼金邑が渼金市に昇格。 1995年1月1日 - 渼金市・南楊州郡が合併し、南楊州市が発足(3邑5面)。 1995年5月6日 - 榛接邑梧南出張所を梧南面に昇格(3邑6面)。 2001年9月12日(5邑4面) 真乾面が真乾邑に昇格。

ナミテイ株式会社は、線材などからワイヤー・部品を製造する会社である。 光ファイバー海底ケーブルを、高水圧から守る3分割保護鉄線を製造できるのは、日本においては唯一、ナミテイだけであり、日本製の光ファイバー海底ケーブル用保護鉄線のシェアは100%である(ただし、3分割された保護鉄線を使用しているのは日本製光海底ケーブルのみであり、海外製光海底ケーブルは撚線で保護する構造となっている、という事情もある)。また、NHKの番組、プロジェクトX(2003年2月18日に放送された「太平洋1万キロ 決死の海底ケーブル」)で紹介されたこともある(詳しくは、開発秘話を参照のこと)。 沿革 1945年10月 創業者の村尾一秋により、個人経営の伸線工場が設立された。 1947年 浪速製釘株式会社に改組され、釘作り専業会社になる。 1952年 有刺鉄線、針金製造に品種転換する。 1970年 建築、自動車、土木向けの異形線開発に着手する。 1985年 第3太平洋光海底ケーブル保護鉄線の製造を開始。 1991年 社名を変更し、ナミテイ株式会社となる。

座標: 南緯24度45分7秒 東経15度16分35秒 / 南緯24.75194度 東経15.27639度 / -24.75194; 15.27639 ナミブ砂漠(英語: Namib Desert)はナミビア大西洋側に位置する砂漠。北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国北端にまで及ぶ。南北は1,288km、東西は幅48kmから161km。面積は約50,000km²にわたる。約8000万年前に生まれた世界で最も古い砂漠と考えられている。「ナミブ」は主要民族であるサン人の言葉で、「何もない」という意味である。 大西洋を北上する寒流・ベンゲラ海流の影響で生じた典型的な西岸砂漠である。ドラケンスバーグ山脈からオレンジ川を通して流れ出た砂が海岸で強風によって内陸に押し返されて形成され、最終的には砂岩を形成する。その過程で鉄分が付着し酸化するため、酸化鉄の色によって砂は白から赤く変色する。中央部にはクイセブ川が流れ、この川を境に北部では岩石砂漠、南部では移動性の強い砂丘列が連なり、その間に岩石丘陵が存在する。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(なみやざっかてんのきせき)は、東野圭吾の長編小説。2011年4月号から2011年12月号まで角川書店の月刊誌『小説野性時代』に連載され、2012年3月28日に角川書店より単行本が出版された。第7回中央公論文芸賞受賞作品。 2014年11月22日には角川文庫版が発刊された。 あらすじ 第一章 回答は牛乳箱に コソ泥をして逃亡中の敦也・翔太・幸平は突然盗んだ車が動かなくなり、仕方なく以前翔太が見つけた廃屋「ナミヤ雑貨店」に逃げ込み夜が明けるのを待つことに。三人が店を物色していると、突然シャッターにある郵便口に手紙が投げ込まれる。手紙を開けるとそこには、月のウサギと名乗る者からの悩み相談が書かれていた。店に残っていた雑誌によると、ナミヤ雑貨店はかつて店主が投函された相談に一生懸命答えてくれる事で有名だった。敦也は放っておこうというが、翔太と幸平はこんな機会でないと人の相談に乗れないと返事を書く事を決意する。 第二章 夜更けにハーモニカを ミュージシャンを目指す克郎は、慰問演奏で児童養護施設「丸光園」を訪れた。

ナミク・アバソフ(1940年 -)は、アゼルバイジャン共和国の政治家。元アゼルバイジャン国家保安省 国家保安相。ソ連国家保安委員会(KGB)出身のシロヴィキ。中将。
1962年、S.M.キーロフ名称アゼルバイジャン国立大学を卒業。1962年~1976年、アブシェロン紙の課長、責任秘書、副編集長、編集長として働いた。
1970年から党の仕事に移り、アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国共産党アブシェロン地区委員会課長、第二書記として働いた。1977年からKGB。1979年、ソ連KGB高等学校を卒業し、アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国KGB課長、副議長として働く。
1992年~1994年、アゼルバイジャン国家保安次官、第一次官。1994年10月から国家保安相。一時辞職したが、1998年10月27日、国家保安相に再任された。国家保安相在任時代、独立直後にアゼルバイジャン国家保安省 国家保安省に流入した不適格者を粛清し、職務給制度を確立した。

ナミュール州 (Province de Namur) は、ベルギーのワロン地域に属する州。州都はナミュール。大部分の住民はフランス語を話す。 州内はナミュール、ディナン、フィリップヴィルの3つの行政区で構成され、基礎自治体の総数は38。

ナミチスイコウモリ(並血吸蝙蝠、Desmodus rotundus)は、動物界脊索動物門哺乳綱コウモリ目(翼手目)チスイコウモリ科(ヘラコウモリ科に含める説もあり)チスイコウモリ属に分類されるコウモリ。本種のみでチスイコウモリ属を形成する。チスイコウモリ属はチスイコウモリ科の模式属。 分布 アルゼンチン北部、エクアドル、エルサルバドル、ガイアナ、コスタリカ、コロンビア、スリナム、チリ北部、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ブラジル、フランス(仏領ギアナ)、ベネズエラ、ベリーズ、ペルー、ボリビア、メキシコ 形態 体長7-9cm。体重15-50g。背面の体毛は褐色、腹面の体毛は白い。 鼻は大きく反りあがり、獲物が出す赤外線(熱)を感知していると考えられている。これによりかれらは獲物を探し、また獲物に取り付いた後、皮膚下の暖かい血の流れる血管を探る。歯列は門歯が上顎2本、下顎4本、犬歯が上下2本ずつ、小臼歯が上顎2本、下顎4本、大臼歯が上顎2本、下顎4本の計22本の歯を持つ。

ナミ(Nami)は、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』に登場する架空の人物。 プロフィール 所属:魚人海賊団アーロン一味幹部→麦わらの一味航海士 年齢:18歳→20歳 誕生日:7月3日 身長:169cm(超新星編)→170cm(新世界編) スリーサイズ:B86・W57・H86(東の海編)→B95(Iカップ)・W55・H85(ウォーターセブン編)→B98(Jカップ)・W58・H88(新世界編) 星座:かに座 血液型:X型 出身地:東の海 コノミ諸島 ココヤシ村 懸賞金:1600万ベリー→6600万ベリー 好きな食べ物:みかん・フルーツ全般 嫌いな食べ物:オランジェット(フルーツはそのまま食べたい) 得意料理:鴨肉のロースト みかんソース 好きな季節:春島の夏 イメージ動物:ネコ イメージナンバー:03、73(ナミ) イメージカラー:オレンジ イメージの花:ヒマワリ イメージ国:スウェーデン イメージ県:愛媛県 イメージ職業:保育士 家族に例えると:長女 ニオイ:みかんと金のニオイ 海賊「麦わらの一味」航海士。

ナミビアの国旗(ナミビアのこっき)は、1990年3月21日の独立時に制定された旗である。色は主に政党南西アフリカ人民機構(SWAPO)の旗から採用された。青・赤・緑の三色はこの国の主要な民族であるオバンポ族の伝統色である。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 ナミビアの国章 外部リンク Flags Of The World。

ナミビア・ドル(Namibian dollar)は1993年以降ナミビア共和国で使用されている通貨単位。ナミビア銀行により発行されている。 単位記号 は$もしくは他の同名の通貨と区別するためにN$と記される。補助単位はセントで1ドル=100セント。 ナミビア・ドルは1993年に、それまで同国の通貨であった、南アフリカ・ランドに代わって導入された。ナミビア・ドルは、南アフリカ・ランドと等価に固定されており、現在でもナミビア国内では南アフリカ・ランドが合法的に流通している。

ヤマガラ(山雀、学名:Parus varius)は、スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類。 分布 P. v. castaneoventris タイワンヤマガラ中華民国(台湾) P. v. namiyei ナミエヤマガラ日本(神津島、新島、利島)固有亜種 P. v. olivaceus オリイヤマガラ日本(西表島)固有亜種 P. v. owstoni オーストンヤマガラ日本(八丈島、御蔵島、三宅島)固有亜種 P. v. varius ヤマガラ大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、日本(北海道、本州、四国、九州、伊豆大島、佐渡島、五島列島) 形態 全長13-15センチメートル。