ナポレオン・ボナパルトの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ナポレオン・ボナパルト|45件。

ナポレオン・ボナパルト

勝利は、わが迅速果敢な行動にあり。

ナポレオン・ボナパルト

不可能は、小心者の幻影であり、権力者の無能の証であり、卑怯者の避難所である。

ナポレオン・ボナパルト

私はつねに、ニ年先のことを考えて生きている。

ナポレオン・ボナパルト

欲しいものは何でも私に言うがいい。ただし時間以外だ。

ナポレオン・ボナパルト

結婚して幸福になるには、汗の苦労を絶えず分かち合わねばならない。

ナポレオン・ボナパルト

女とパリは留守にしてはだめだ。

ナポレオン・ボナパルト

有能の士は、どんな足枷をはめられていようとも飛躍する。

ナポレオン・ボナパルト

過ぎたことで心を煩わせるな。

ナポレオン・ボナパルト

人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。

ナポレオン・ボナパルト

死ぬよりも苦しむほうが勇気を必要とする。

It requires more courage to suffer than to die.

ナポレオン・ボナパルト

世界には二つの力しかない。剣と精神の力である。そして最後は、精神が必ず剣に打ち勝つ。

There are but two powers in the world, the sword and the mind. In the long run the sword is always beaten by the mind.

ナポレオン・ボナパルト

人間は、その想像力によって支配される。

The humanrace is governed by its imagination.

ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。また、戦勝と婚姻政策によって、イギリスとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。 生涯 生い立ち 1769年、コルシカ島のアジャクシオにおいて、父カルロ・マリア・ブオナパルテと母マリア・レティツィア・ラモリーノの間に、12人の子供(4人は夭折)のうち4番目として生まれた。

『ナポレオン・ボナパルト』より : ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte, 1769年8月15日-1821年5月5日)はフランスの軍人・政治家で、フランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世(在位1804年-1814年、1815年)。フランス革命後のフランスをまとめあげ、フランスに帝政を敷き、ナポレオン戦争と呼ばれる戦争で全ヨーロッパに侵略し、席巻するも敗北し、その後ヨーロッパの秩序はウィーン体制に求められた。当時のイギリスの首相ウィリアム・ピットは、「革命騒ぎの宝くじを最後に引き当てた男」とナポレオンを評した。
1769年、コルシカ島アジャクシオにおいて、父カルロ=マリア・ブオナパルテ(仏語名シャルル=マリ・ボナパルト)と母マリア=レティツィアの間に、夭折した子供を除く8人の子供のうち2番目として生まれる。出生時の名前はナブリオーネ・ブオナパルテ(コルシカ語: Nabulione Buonaparte)。ブオナパルテ家はロンバルディア州に起源を持つ古い地主であった。父は判事をしていたが、コルシカ独立闘争の折にはパスカル・パオリ パオリの副官を務めていた。後にフランス側に転向し、この事で貴族の資格を得た。ナブリオーネが姓をブオナパルテ (Buonaparte) からフランス風のボナパルト (Bonaparte)、名をナポレオンと改称するのはフランスで出世し始めてからのことである。