トーマス・カーライルの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

トーマス・カーライル|73件。

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

ジャーナリズムの力は大きい。世界を説得しうるような有能な編集者はすべて、世界の支配者ではなかろうか。

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

変化は苦痛だが、それは常に必要なものだ。

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

社会はいかなる時代にも、人の実力の発揮を妨げない。

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

沈黙は偉大な事柄を形づくる要素である。

Silence is the element in which great things fashion themselves together.

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

圧力がなければ、ダイヤモンドは生まれない。

No pressure, no diamonds.

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

人間は道具を使う動物である。道具なしでは無であり、道具があるとすべてである。

Man is a tool-using animal.Without tools he is nothing, with tools he is all.

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

愛情ある心が、すべての知識の初めである。

A loving heart is the beginning of all knowledge.

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

同じ花崗岩のかたまりも、弱い人にとっては、道の障害物になる。しかし、強い人にとっては、道に置かれた踏み台となる。

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

人が出来ることすべてをしないなら、そのうち、しなければならないことすら出来なくなる。

Men do less than they ought,unless they do all that they can.

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

「何かおかしい」という感覚が、科学の起源に違いない。

Science must have originated in the feeling that something was wrong.

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

暴力は正義すらも不正に行う。

トーマス・カーライル - Thomas Carlyle

天才とは、本質を見抜く人である。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle、 1795年12月4日 - 1881年2月5日)は、19世紀イギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、スコットランド出身。 スコットランドのダンフリーズ・アンド・ガロウェイ(Ecclefechan)出身。大英帝国(ヴィクトリア朝)時代を代表する言論人であった。 代表作に、『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などがある。ドイツ文学を研究したことでも著名で、ゲーテとの往復書簡がある。〈全集 The works of Thomas Carlyle〉は30巻に達している。 1865年、エディンバラ大学の学長に任命された(1865年-1868年)。 近代日本への影響 著作は明治以来多数、日本語訳されて来たが、今日では復刊以外での新本購入は困難である。 『英雄崇拝論』に代表されるように、「世界の歴史は英雄によって作られる」と主張したことで知られるが、彼の言う「英雄」とは歴史に影響を与えた神、預言者、詩人、僧侶、文人、帝王などを指す。