セーレン・キェルケゴールの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

セーレン・キェルケゴール|43件。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(デンマーク語: Søren Aabye Kierkegaard デンマーク語発音: [ˈsɶːɐn o:'by ˈkiɐ̯ɡəɡɒːˀ] (13px 聞く)、1813年5月5日 - 1855年11月11日)は、デンマークの哲学者、思想家。今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。 キェルケゴールは当時とても影響力が強かったゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル及びヘーゲル学派の哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。 表記と仮名 日本語では、「セーレン・オービエ・キルケゴール(キェルケゴール)」との表記が通用しているが、デンマーク語の原音に近いカタカナ表記は「セーアン・オービュー・キアゲゴー」である。セーレンという表記もキェルケゴール(キルケゴール)という表記も、日本のキルケゴール受容が、主にドイツ語文献を経由してすすんだことによるところが大きいと考えられる。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

孤独とは生命の要求である。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

人生は、後ろ向きにしか理解できないが、前を向いてしか生きられない。

Life can only be understood backwards; but it must be lived forwards.

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

人間とは精神である。精神とは何であるか。精神とは自己である。自己とは自分自身に関わる一つの関係である。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

罪とは、存在する代わりに創作し、ただ空虚の中でのみ善と真とを問題にし、実在的にはそれであろうと努力しないことである。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

私にとって真理であるような真理を発見することが必要なのだ。しかもその真理は、私がそのために生き、そのために死ねるような真理である。

The thing is to find a truth which is true for me, to find the idea for which I can live and die.

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

人生の初期において最大の危険は、リスクを犯さないことにある。

During the first period of a man’s life the greatest danger is not to take the risk.

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

絶望とは死にいたる病である。自己の内なるこの病は、永遠に死ぬことであり、死ぬべくして死ねないことである。それは死を死ぬことである。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

臆病の虫に取り付かれると、その人はよきことを行わなくなる。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

本来お世辞というものは、女の身にぴったりと当てはまる衣装である。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

その女を手に入れることができない期間だけ、男はその女に熱狂させられる。

セーレン・キェルケゴール - Søren Aabye Kierkegaard

心の純粋さとは、ひとつのものを望むことである。

Purity of heart is to will one thing.