ジョージ・ワシントンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ジョージ・ワシントン|19件。

ジョージ・ワシントン(英語: George Washington、グレゴリオ暦:1732年2月22日 - 1799年12月14日(ユリウス暦:1731年2月11日生まれ))は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、黒人奴隷農場主であり、同国の初代大統領である。死去した現在もアメリカ合衆国陸軍大元帥の階級にいる。 妻であるマーサ・ワシントンは貞淑で公式の儀式をきちんと行って先例を開いたため、初代ファーストレディと見られている。 生い立ち ジョージ・ワシントンは、1732年2月22日、バージニア植民地ウェストモアランド郡コロニアル・ビーチ南部に位置するポープズ・クリーク・プランテーションにおいて誕生する。彼の誕生日は1731年2月11日(ユリウス暦)1732年2月22日(グレゴリオ暦)となっているが、グレゴリオ暦の方が有名である。日付が1年以上食い違っているように見えるが、これは、当時イギリスでは3月25日が年初日とされていたためで、生年そのものは1732年である。

ジョージ・ワシントン・カーヴァー(George Washington Carver, 1864年1月1日 - 1943年1月5日)は、アメリカ合衆国の植物学者。南部の農業に輪作を導入し、ピーナッツや他の作物の何百もの用途を開発した。 生い立ち ジョージ・ワシントン・カーヴァーは1864年に奴隷制度下のミズーリ州ダイヤモンド・グローブの近くで生まれた。彼と兄弟、母親の所有者はドイツ系移民のモーゼス・カーヴァーであった。父親はジョージが幼い頃に事故死した。ジョージは幼児の時に母親と共に誘拐され転売されそうになる。モーゼス・カーヴァーは犯人を追いつめたが、ジョージは発見されたとき瀕死の状態で、母親は行方不明であった。このことが原因で彼は呼吸疾病に罹患し、労働が困難になった。ジョージは労働のできない間、野原を歩き回り野生植物の品種に引きつけられた。植物に関する知識に長けた彼は、隣人達から「農園の医師」として知られていた。 ある日彼は隣人の家に農場の手伝いを請われて訪れた。農場での問題を解決しその報酬を受け取るためその家のキッチンに呼ばれた。

ジョージ・ワシントン級原子力潜水艦(ジョージ・ワシントンきゅうげんしりょくせんすいかん、George Washington class submarine)はアメリカ海軍の弾道ミサイル原子力潜水艦。計画番号SCB180A。アメリカ海軍の用語によれば艦隊弾道ミサイル潜水艦(FBM: Fleet Balistic Missile Submarine)。世界初の弾道ミサイル原子力潜水艦である。 1959年12月に1番艦が就役し、冷戦期のアメリカに、巨大な核火力と強力な抑止力をもたらした。1960年代のマクナマラ国防長官の核抑止政策のもと、後継のイーサン・アレン級、ラファイエット級とともに「自由のための41隻(41 for Freedom)」の一翼をなし、冷戦下の水中核戦力におけるアメリカの優位の維持に寄与した。 1957年12月31日、アメリカ海軍は、長射程戦略ミサイルで武装した原子力潜水艦の建造をエレクトリック・ボート社に発注した。

『ジョージ・キャンベル』より : ジョージ・ワシントン・キャンベル(George Washington Campbell, 1769年2月9日 - 1848年2月17日)は、アメリカ合衆国の政治家。 生涯 1769年、スコットランドのサザランド州タング生まれ。1772年、両親に連れられて渡米。ノースカロライナ州へ移住し、法律の勉強をした。1794年、ニュージャージー大学(現在のプリンストン大学)を卒業するとノースカロライナ州から弁護士の認可を受け、テネシー州ノックスヴィルで弁護士業を開業した。 1803年、キャンベルはテネシー州からアメリカ合衆国下院議員に選出され、第8回、第9回、第10回のアメリカ合衆国議会で議席を獲得した。第10回アメリカ合衆国議会では、下院歳入委員会の議長を務めた。1804年にはニューハンプシャー地方裁判所判事ジョン・ピカリングの弾劾裁判を運営する裁判員に任命され、また同年に連邦最高裁判所判事サミュエル・チェイスに対する弾劾裁判の裁判員にも任命された。

ジョージ・ワシントン大学(The George Washington University, 略: GWU)は、コロンビアン・カレッジ (The Columbian College in the District of Columbia)として1821年設立されたアメリカ合衆国首都ワシントンD.C.にある私立総合大学である。 概略 キャンパスは、ワシントンD.C.の中心部にあり、ホワイトハウスから徒歩10分の場所にある。道を挟んで世界銀行や国際通貨基金などの建物と隣接する。学生数は大学院生の方が多く、学部生が約10,000人であるのに対し、大学院生は約14,000人。『USニューズ&ワールド・レポート』誌の学部課程ランキングでは、毎年全国50位前後にランクされる難関校。ジョージタウン大学(同21位)、アメリカン大学(同71位)と並ぶ米国首都の大学である。 ワシントンD.C.という土地柄、政治学や国際関係学、公共政策学に非常に強い。2014年度、『フォーリン・ポリシー』誌の国際関係学における大学ランキングで、学部課程は世界8位、修士課程は世界7位、博士課程は世界18位にランクされた。

ジョージ・ワシントン (USS George Washington, CVN-73) は、アメリカ海軍の航空母艦。ニミッツ級航空母艦の6番艦。艦名は初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに因んで命名された。日本に配備された初の原子力推進空母である。 艦歴 1986年8月25日、ニューポート・ニューズ造船所で建造が始まり、1990年7月21日に当時のファーストレディのナンシー・レーガン、バーバラ・ブッシュにより命名、進水し、アメリカ合衆国の216回目の独立記念日である1992年7月4日に就役した。この当時の母港はバージニア州のノーフォークであった。 就役以来、ジョージ・ワシントンは6度の地中海およびペルシャ湾配備を経験した。最初の配備が行われた1994年には、ノルマンディー上陸作戦50周年記念の背景として貢献した。2度目の配備が行われた1996年には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争における各勢力の指導者から成る共同軍事委員会による歴史的な会合のホスト役を果たした。

ジョージ・ワシントン・ブリッジ(George Washington Bridge)は、ニューヨーク市マンハッタン区ワシントン・ハイツとニュージャージー州フォートリーを結ぶ吊り橋。 ハドソン川に架かる他の橋や川をくぐるトンネル同様、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が橋の管理にあたっている。1日の車両交通量が世界一多い橋である。2013年の年間総交通量は1億200万台であった。 1927年9月にこの橋は着工された。設計者はアメリカ国家科学賞を受賞したオスマー・アマン(Othmar Ammann)。完成は1931年10月24日。翌日から一般に開放された。完成当時、主スパン長の長さで世界一 (1,067m) を誇っていたが1937年にゴールデンゲート橋 (1,280m) にその座を譲った。橋開通当初は、ハドソン・リバー・ブリッジと呼ばれていたが、後にジョージ・ワシントンにちなみ彼の名前がついた。 もともと、この橋は6車線であったが、1946年、2車線を追加し8車線となった。

ジョージ・ワシントン・ゲーソルズ(George Washington Goethals, 1858年6月29日 - 1928年1月21日)は、アメリカ合衆国の技術者。パナマ運河建設の総指揮監督。 1858年、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業後、ニューヨーク州ウェストポイントにある陸軍士官学校に学び1880年に卒業。 同1880年、USACE(United States Army Corps of Engineers)で職に衝き、1888年までエンジニアリングを教えた。 1907年、セオドア・ルーズベルトアメリカ合衆国大統領によってパナマ運河の主任技術者に任命される。 1914年、ウッドロウ・ウィルソン大統領によってパナマ運河地帯の初代民政総督に任命される。 1916年に同運河地帯の総督の職を退く。 功績に因む名称 ニューヨーク市のスタテン島とニュージャージー州エリザベス市とを結ぶゲーソルズ・ブリッジの名は彼に因んでつけられた。

ジョージ・ワシントン・ゲイル・フェリス・ジュニア(George Washington Gale Ferris, Jr.、1859年2月14日 - 1896年11月22日)は、アメリカ合衆国の技師であり、現在普及している機械式の観覧車の発明者である。 イリノイ州ゲイルズバーグ生まれ。彼は1881年にレンセリア工科大学で、土木工学の学位を取った。その後、彼は鉄道業界に勤め、橋の建築に興味を持った。彼はレールと橋の建築のための金属を検査し調査するため、ペンシルベニア州ピッツバーグでG.W.G.Ferris社を設立した。 観覧車の発明者として 彼は現代の観覧車の発明者として、とても有名である。世界初の機械式の観覧車は、1893年のシカゴ万国博覧会で建設された。1889年に行われたパリ万国博覧会のために建設されたエッフェル塔に対抗する試みだった。 観覧車は英語ではFerris Wheelという。Ferrisは彼の名前に由来している。 出典 ==。

ジョージ・ワシントン

自分の評判を重視するなら、質のよい人々とつきあうべきだ。悪い仲間といるより、独りでいた方がましである。

Associate yourself with men of good quality if you esteem your own reputation; for ‘tis better to be alone than in bad company.

ジョージ・ワシントン

出来ないことを引き受けるな。約束を守ることには、細心であれ。

Undertake not what you cannot perform but be careful to keep your promise.

ジョージ・ワシントン

自由はひとたび根付きはじめると急速に成長する植物である。

Liberty, when it begins to take root, is a plant of rapid growth.

ジョージ・ワシントン

他人を押さえつけている限り、自分もそこから動くことはできない。

ジョージ・ワシントン

おのれの職分を守り黙々として勤めることは、中傷に対する最上の答えである。

To persevere in one’s duty and be silent is the best answer to calumny.

ジョージ・ワシントン

その場にいない人を、批判してはいけない。

ジョージ・ワシントン

真の友情はゆっくり成長する植物である。友情と呼ぶにふさわしいところまで成長するには、度重なる危機にも耐え抜かねばならない。

True friendship is a plant of slow growth, and must undergo and withstand the shocks of adversity before it is entitled to the appellation.

ジョージ・ワシントン

過去の過ちから役に立つ教訓を引き出すためと、高価な代償を払って得た利益を得るためでない限り、決して過去を顧みるな。

We should not look back unless it is to derive useful lessons from past errors, and for the purpose of profiting by dearly bought experience.

ジョージ・ワシントン

我々には政党はいらない。なぜなら、我々はすべて共和主義者だからだ。

ジョージ・ワシントン

上司と口論してはいけない。あなたの判断を穏やかに聞いてもらうように心がけよう。

Strive not with your superiors in argument, but always submit your judgment to others with modesty.

ジョージ・ワシントン

人の話の腰を折ってはいけない。人の話題を横取りしてもいけない。

ジョージ・ワシントン

下手な言い訳をするよりも言い訳しない方がましだ。

It is better to offer no excuse than a bad one.