ジョージ・エリオットの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ジョージ・エリオット|37件。

ジョージ・エリオット(George Eliot、1819年11月22日 - 1880年12月22日)は、イギリスの作家。本名はメアリー・アン・エヴァンズ(Mary Anne Evans、マリアン Marian ないしメアリ・アン Mary Annとも)。ヴィクトリア朝を代表する作家の一人で、心理的洞察と写実性に優れた作品を発表した。『アダム・ビード』『サイラス・マーナー』『ミドルマーチ』などの作品で知られており、特に『ミドルマーチ』は後世のヴァージニア・ウルフによって賞賛され、マーティン・エイミスやジュリアン・バーンズによって英語で書かれた最高の小説のひとつに数えられている。 ウォリックシャー、アーバリーの土地差配人のもとに生まれる。母は後妻であった。メソジスト派の雰囲気の中に育ち、1832年にバプテスト派の宗教色の強いコヴェントリーの学校に入れられるが、翌年に母が死去し、父の世話をみるために退学。以後家庭で古典や外国語を学ぶ。少女時代のエリオットは敬虔な福音主義者であり、感受性が鋭く知識欲の旺盛な子供であった。

ジョージ・エリオット

私たちが行動を決定するように、行動も私たちの人間性を決めている。

Our deeds determine us as much as we determine our deeds.

ジョージ・エリオット

臆病者は、勝つと分かっている戦いしかできない。だがどうか、負けると知りつつも戦える勇気を。時に、勝利よりも価値ある敗北というのもあるのだから。

Any coward can fight a battle when he’s sure of winning; but give me the man who has pluck to fight when he’s sure of losing. That’s my way, sir; and there are many victories worse than a defeat.

ジョージ・エリオット

私は女性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、全能の神は男性につりあうように女性を作られたのです。

I’m not denying the women are foolish: God almighty made ‘em to match the men.

ジョージ・エリオット

人生を退屈なものにするのは動機の欠如である。

What makes life dreary is the want of a motive.

ジョージ・エリオット

動物ほど気持ちのよい友達はいない。彼らは質問もしなければ批判もしない。

Animals are such agreeable friends – they ask no questions, they pass no criticisms.

ジョージ・エリオット

微笑めば友達ができる。しかめっ面をすればしわができる。

Wear a smile and have friends; wear a scowl and have wrinkles.

ジョージ・エリオット

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。

It’s never too late to be who you might have been.

ジョージ・エリオット

お互いの人生をもっと楽にするためでないのなら、私たちはなんのために生きているのでしょうか?

What do we live for, if it is not to make life less difficult for each other?

ジョージ・エリオット

愛されるだけでは物足りない。愛の言葉もかけてほしい。静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから。

I like not only to be loved, but to be told that I am loved; the realm of silence is large enough beyond the grave.

ジョージ・エリオット

結婚とは、同情か征服かのいずれかの関係である。

Marriage must be a relation either of sympathy or of conquest.

ジョージ・エリオット

言葉は翼を持つが、思うところに飛ばない。

Our words have wings, but fly not where we would.

ジョージ・エリオット

別れの激しい苦痛によってのみ、愛の深みを見ることができるのだ。

Only in the agony of parting do we look into the depths of love.