ジョン・F・ケネディの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ジョン・F・ケネディ|43件。

ジョン・F・ケネディ

楽な人生を願い求めるな。より強い人間になれるように願いなさい。

Do not pray for easy lives. Pray to be stronger men.

ジョン・F・ケネディ

行動にはつねに危険や代償が伴う。しかしそれは、行動せずに楽を決めこんだ時の長期的な危険やコストと較べれば、取るに足らない。

There are risks and costs to a program of action, but they are far less than the long-range risks and costs of comfortable inaction.

ジョン・F・ケネディ

やらねばならないことをやる。個人的な不利益があろうとも、障害や危険や圧力があろうとも。そしてそれが人間倫理の基礎なのだ。

A man does what he must – in spite of personal consequences, in spite of obstacles and dangers, and pressures – and that is the basis of all human morality.

ジョン・F・ケネディ

中間管理職と真のリーダーシップとの微妙な半歩の違いは、プレッシャーの下で優雅さを保てるかどうかだろう。

The elusive half-step between middle management and true leadership is grace under pressure.

ジョン・F・ケネディ

知識が増すほど、われわれの無知が明らかになる。

The greater our knowledge increases, the greater our ignorance unfolds.

ジョン・F・ケネディ

学問を伴わぬ自由は危険であり、自由を伴わぬ学問は空虚である。

Liberty without learning is always in peril; learning without liberty is always in vain.

ジョン・F・ケネディ

一人の有権者が民主主義に対して無知であることは、あらゆる安全を低下させる。

The ignorance of one voter in a democracy impairs the security of all.

ジョン・F・ケネディ

目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

Efforts and courage are not enough without purpose and direction.

ジョン・F・ケネディ

私たちは、今までになかったものを夢見ることができる人々を必要としている。

We need men who can dream of things that never were.

ジョン・F・ケネディ

もし自由社会が、貧しい多数の人々を助けることができなければ、富める少数の人々も守ることができないだろう。

If a free society cannot help the many who are poor, it cannot save the few who are rich.

ジョン・F・ケネディ

恐怖から交渉をしてはいけない。しかしまた、交渉するのを恐れてもいけない。

Let us never negotiate out of fear. But let us never fear to negotiate.

ジョン・F・ケネディ

大きな失敗を恐れない者だけが、偉大なことを成し遂げる。

Only those who dare to fail greatly can ever achieve greatly.

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(英語: John Fitzgerald Kennedy、1917年5月29日 - 1963年11月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。第35代アメリカ合衆国大統領。1962年にアメリカ合衆国通商代表部を創設。在任中の1963年11月22日にテキサス州ダラスで暗殺された(ケネディ大統領暗殺事件)。 1960年アメリカ合衆国大統領選挙で民主党候補として指名を受け、対立候補の共和党のリチャード・ニクソンと歴史的な接戦と選挙不正の結果、わずかな票差で破り、大統領選挙で当選した。翌1961年1月20日に第35代アメリカ合衆国大統領に就任した。大統領就任時の年齢は43歳で、アメリカ合衆国の歴史上、選挙で選ばれた大統領としては最も若い大統領であった(就任時42歳であったセオドア・ルーズベルトは副大統領からの昇格であった)。 20世紀生まれの最初の大統領であり、カトリック教徒として初の(現在まで唯一の)大統領であり、アイルランド系アメリカ人としても最初の大統領となった。

『ジョン・F・ケネディ』より : ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(英語: John Fitzgerald Kennedy、1917年5月29日 - 1963年11月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。第35代アメリカ合衆国大統領。1962年にアメリカ合衆国通商代表部を創設。在任中の1963年11月22日にテキサス州ダラスで暗殺された(ケネディ大統領暗殺事件)。 1960年アメリカ合衆国大統領選挙で民主党候補として指名を受け、対立候補の共和党のリチャード・ニクソンと歴史的な接戦と選挙不正の結果、わずかな票差で破り、大統領選挙で当選した。翌1961年1月20日に第35代アメリカ合衆国大統領に就任した。大統領就任時の年齢は43歳で、アメリカ合衆国の歴史上、選挙で選ばれた大統領としては最も若い大統領であった(就任時42歳であったセオドア・ルーズベルトは副大統領からの昇格であった)。 20世紀生まれの最初の大統領であり、カトリック教徒として初の(現在まで唯一の)大統領であり、アイルランド系アメリカ人としても最初の大統領となった。

『ケネディ大統領暗殺事件』より : ケネディ大統領暗殺事件(ケネディだいとうりょうあんさつじけん、Assassination of John F. Kennedy)は、1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分にテキサス州を遊説中であった第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがダラス市内のパレード中に銃撃され死亡した事件のこと。 犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、2日後にダラス警察署の中でジャック・ルビーに撃たれて殺され、裁判の場に立つことはなかった。そして後にウォーレン委員会の公式調査報告でオズワルドの単独犯行として大統領が後方から撃たれたとする結論に対して、数々の疑惑が出るなど、長年にわたって真相についての議論が続いている。白昼に多くの人々が見ている前で起こった衝撃的な銃撃による大統領の死、犯人がすぐに殺害される意外な展開、その後に暗殺の動機も背後関係も分からず多くの謎を残したまま捜査が終了したことから、陰謀説も多い事件として半世紀が過ぎた現在でも論議を呼んでいる。

ジョン・F・ケネディ国際空港(ジョン・F・ケネディこくさいくうこう、John F. Kennedy International Airport)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区のジャマイカ湾に面した国際空港である。旧名アイドルワイルド空港 (Idlewild Airport)。 ラガーディア空港、ニューアーク・リバティー国際空港とともにニューヨーク都市圏を代表する空港で、その管理・運営・警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。 巨大都市ニューヨークの空の玄関口であるケネディ国際空港は、アメリカを代表する国際空港のひとつとしても位置付けられ、50を超える国々から100社近い航空会社の定期便が就航、1日の国際便の離着陸は400件に達する。しかも国内線の離着陸はその2倍近くもあり、朝や夕方の繁忙期には数十機の出発待ちが発生するなど、世界でも有数の繁忙空港となっている。 ターミナル数は9つで空港施設の規模としては全米一、面積は約20平方キロメートル(成田国際空港の約2倍)で、マンハッタンの42丁目通り以南の面積に匹敵する。

『ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア』より : ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア(John Fitzgerald Kennedy, Jr., 1960年11月25日 - 1999年7月16日)は、アメリカ合衆国の弁護士(法務博士)、法律家、雑誌発行人。 第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディとジャクリーン夫人の長男(第二子)。愛称はジョン・ジョン (John John)。一般にはJFKジュニア (JFK Jr.) と呼ばれていた。 事故により38歳で死去。 プロフィール 生い立ち JFKジュニアがワシントンD.C.で誕生したのは、上院議員であった父が大統領に就任する直前であり、出生前からマスコミとアメリカ国民の衆目を集める存在だった。父親の大統領就任後にホワイトハウスに引っ越しその後3年間を過ごした。父親の大統領就任時にホワイトハウスやハイアニスポートの別荘などで、家族とともに撮られた公式写真が多数残っている。 1963年11月22日にケネディ大統領暗殺事件が起こり、その国葬が行われた11月25日はJFKジュニアの3歳の誕生日だった。

『ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア』より : ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア(John Fitzgerald Kennedy, Jr., 1960年11月25日 - 1999年7月16日)は、アメリカ合衆国の弁護士(法務博士)、法律家、雑誌発行人。 第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディとジャクリーン夫人の長男(第二子)。愛称はジョン・ジョン (John John)。一般にはJFKジュニア (JFK Jr.) と呼ばれていた。 事故により38歳で死去。 プロフィール 生い立ち JFKジュニアがワシントンD.C.で誕生したのは、上院議員であった父が大統領に就任する直前であり、出生前からマスコミとアメリカ国民の衆目を集める存在だった。父親の大統領就任後にホワイトハウスに引っ越しその後3年間を過ごした。父親の大統領就任時にホワイトハウスやハイアニスポートの別荘などで、家族とともに撮られた公式写真が多数残っている。 1963年11月22日にケネディ大統領暗殺事件が起こり、その国葬が行われた11月25日はJFKジュニアの3歳の誕生日だった。

『ケネディ宇宙センター』より : ケネディ宇宙センター(ケネディうちゅうセンター、英: John F. Kennedy Space Center, KSC)は、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にあるアメリカ航空宇宙局 (NASA) のフィールドセンターの一つで、有人宇宙船発射場、打ち上げ管制施設及びペイロード整備系から構成される中核的研究拠点。フロリダ州の東海岸に位置しており、ケープカナベラル空軍基地 (CCAFS) の隣にある。 ケネディ宇宙センターは1968年12月以来、NASAの第一の有人宇宙飛行の打ち上げ施設となっている。アポロ、スカイラブ及びスペースシャトルの計画のための打ち上げ運用は、ケネディ宇宙センター第39複合発射施設から実施され、ケネディ宇宙センターにより管制された。最初のアポロ有人宇宙飛行とすべてのマーキュリー計画及びジェミニ計画のフライトはケープカナベラル空軍基地から飛び立ったが、その打ち上げはケネディ宇宙センター及びその前身機関 (Launch Operations Directorate) により管制された。

ジョン・F・ケネディ (USS John F. Kennedy, CV-67) は、アメリカ海軍のキティホーク級航空母艦の4番艦。ビッグ・ジョンの愛称で呼ばれる。艦名は第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディに因んで命名された。同艦は建造当時CVAに分類され、航空戦にのみ使用されたが、後に対潜作戦能力(ASW)を保持し多目的使用が可能となり、艦種はCVに変更された。 「ケネディ」はアメリカ海軍における最後の通常動力型空母。 当初は原子力空母として計画されたが、財政難から通常動力型に変更された経緯がある。そのため建造時期が他の通常型と少々ずれており、「エンタープライズ」とニミッツ級原子力空母1番艦「ニミッツ」の間に挟まれた格好になっている。ある意味では通常動力型と核動力型の過渡期的・例外的な存在と言える。キティホーク級の発展改修型であるが、しばしば同一クラスに分類される。 なお、核動力化された場合の機関構成は「エンタープライズ」ともニミッツ級とも異なっており、「エンタープライズ」で搭載されたA2W型加圧水型原子炉の約2倍の出力を持つA3W型原子炉4基の搭載が予定されていた。

ケネディ・センター (Kennedy Center) は、ワシントンD.C.のポトマック川の畔にある総合文化施設。正式名は「舞台芸術のためのジョン・F・ケネディ・センター(The John F. Kennedy Center for the Performing Arts)」である。
1958年にドワイト・D・アイゼンハワー アイゼンハワーアメリカ合衆国大統領 大統領によって署名された国立文化施設法を根拠として、1971年9月8日にジョン・F・ケネディ大統領を記念する施設として落成した。ナショナル・モールの西端、リンカーン記念館の北1kmほど、ウォーターゲート・コンプレックスの隣接区域に位置しており、テラスからの眺望が優美である。
コンサート・ホール、オペラ・ハウス、アイゼンハワー・シアター、ファミリー・シアターなどで構成されており、ミュージカル、演劇、バレエ バレー、オーケストラ、ジャズ、ポピュラー音楽など、様々なジャンルの公演が毎年3,000件以上催されており、ナショナル・シンフォニー・オーケストラの本拠地となっている。

ジョン・F・ケネディ特殊戦センター・アンド・スクール(ジョン・エフ・ケネディとくしゅせん - 、John F. Kennedy Special Warfare Center and School : USAJFKSWCS)は、アメリカ陸軍特殊作戦コマンドに属する組織。司令官は陸軍少将。 1951年、陸軍心理戦オフィス部長Robert A. McClure准将の指示により、カンザス州フォートライリー基地の陸軍幕僚学校に心理戦訓練課程が開設された。同基地には宣撫活動や心理作戦を担当する第1ラジオ放送広告グループも駐屯しており、この部隊が後にノースカロライナ州フォートブラッグ基地へ移転し、心理戦センターの基幹となった。 1952年4月10日 : 心理戦センター創設。 1952年5月16日 : 同センターが正式に活動開始。 1956年12月10日 : 特殊戦学校へ改称。 1961年末 : 特殊部隊訓練グループが創設され、グリンベレー入隊志願者への訓練を開始(この時はセンター麾下外)。