ジョン・ミルトンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ジョン・ミルトン|23件。

ジョン・ミルトン

いかなる自由にもまして、良心の命じるままに知り、語り、論ずることのできる自由をわれに与えたまえ。

Give me the liberty to know, to utter, and to argue freely according to conscience, above all liberties.

ジョン・ミルトン

平和にも勝利がある。戦いの勝利に劣らぬ名だたる勝利が。

Peace hath her victories. No less renowned than war.

ジョン・ミルトン

私は彼を深く愛している。彼と一緒ならどんな死にも耐えられる。しかし、一緒でなければ、たとえ生きていても生きていることにはならない。

ジョン・ミルトン

嫉妬は、傷つけられた恋人の地獄である。

Jealousy is the injured lover’s hell.

ジョン・ミルトン

孤独というものは、時として最上の交際でもあるし、しばしの別離は再会をいっそう快いものにする。

For solitude is sometimes best society, And short retirement urges sweet return.

ジョン・ミルトン

雄大な詩を作ろうとするならば、その生活を雄大な詩にしなければならぬ。

ジョン・ミルトン

自らを律し、激情と欲望と恐怖を抑制できる人物は、一国の王よりも偉大である。

He who reigns within himself and rules passions, desires, and fears is more than a king.

ジョン・ミルトン

武力によって敵を制する者は、その半ばを制するにすぎない。

Who overcomes by force, hath overcome but half his foe.

ジョン・ミルトン

ちょうど朝が、その日がどんな一日になるかを示すように、少年時代はその人がどんな人間に育ちゆくかを示す。

The childhood shows the man, as morning shows the day.

ジョン・ミルトン

盲目であることが悲惨なのではない。盲目に耐えられないことが悲惨なのだ。

It is not miserable to be blind; it is miserable to be incapable of enduring blindness.

ジョン・ミルトン

言論の自由を殺すのは、真理を殺すことである。

ジョン・ミルトン

心というものは、それ自身一つの独自の世界なのだ。地獄を天国に変え、天国を地獄に変えうるものなのだ。

The mind is its own place, and in itself can make a heaven of hell, a hell of heaven.

ジョン・ミルトン(John Milton, 1608年12月9日 - 1674年11月8日から11月10日の間)は、イギリスの詩人で共和派の運動家であり、オリヴァー・クロムウェルを支持した。 代表作『失楽園』はダンテ『神曲』やアリオスト『狂えるオルランド』と並ぶルネサンス期の長編叙事詩の名作である。 生涯 1625年、ケンブリッジ大学クライストカレッジに入学。同年チャールズ1世が即位。学生仲間の間の評判はあまりよくなかった。1629年、学士号取得。1632年修士号取得。1634年、戯曲『コマス』(Comus) が上演される。1937年。『コマス』が出版される。母親死亡。1638年-1639年イタリアを周遊。1642年結婚。1648年チャールズ1世が処刑される。 1658年、『失楽園』の制作に着手する。1674年没。 作品 詩 『失楽園』Paradise Lost 平井正穂訳、岩波文庫全2巻 『復楽園』 『闘士サムソン』(劇詩、レーゼドラマ) パンフレット・政治的な文書など 『言論・出版の自由』(または『アレオパジティカ』)  『自由共和国建設論』以上は原田純訳、岩波文庫にある。

1787年、ナイルズはコネチカット州ウィンザー (コネチカット州) ウィンザー(:en:Windsor, Connecticut Windsor, Connecticutにおいて、モーゼズ・ナイルズ(Moses Niles, 1752年 - 1789年)とナオミ・マーシャル(Naomi Marshall, 1757年 - 1830年)の息子として誕生した。ナイルズは公立学校で教育を受け、その後法律を勉強した。ナイルズは1817年に弁護士として認可を受け、コネチカット州ハートフォード (コネチカット州) ハートフォードで弁護士業を開業した。
ナイルズはハートフォードで新聞社を設立し、「ハートフォード・ウィークリー・タイムズ」を発行した。ナイルズは編集者として、以後30年以上にわたって記事を書き続けた。
ナイルズは民主党 (アメリカ) 民主党で活動し、州権主義を支持した。1820年、ナイルズはハートフォード郡裁判所の陪席裁判官として任命された。ナイルズは翌1821年に着任し、1826年に辞任した。