ジャン=ポール・サルトルの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ジャン=ポール・サルトル|26件。

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル(フランス語: Jean-Paul Charles Aymard Sartre、1905年6月21日 - 1980年4月15日)は、フランスの哲学者、小説家、劇作家。内縁の妻はシモーヌ・ド・ボーヴォワール。強度の斜視があり、1973年には右目を失明した。 生涯 サルトルは1905年、パリ16区に生まれる。生後15ヶ月で、海軍将校であった父が熱病に倒れ死亡したため、サルトルの母方の祖父であるシャルル・シュヴァイツァー(1844 - 1935)の家に引き取られる。シャルルはドイツ語の教授であり深い教養を持ち、サルトルの学問的探究心を刺激した。 パリのブルジョワ知識人階級の中で育ったサルトルは、1915年にパリの名門リセであるアンリ4世校で学び、このときにのちに作家となるポール・ニザン (1905 - 1940)と知り合う。母の再婚にともない、1917年にはラ・ロシェルの高等中学校に転校することになるが、サルトルは転校先のラ・ロシェルにうまく溶け込むことができず、後に挫折の年月と述懐している。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

ひとは各々の道を創り出さなくてはいけない。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

もっといい時代はあるかもしれないが、これは我々の時代なのだ。我々はこの革命のただなかに、この生を生きるよりほかはないのである。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

成功とは、品性と知性の証拠であり、また、神聖な保護を受けた証拠である。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、これからもちうるものの合計である。

Man is not the sum of what he has already, but rather the sum of what he does not yet have, of what he could have.

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

青春とは、実に奇妙なものだ。外を見ると、赤く輝いているが、内から見ても、何も感じられない。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

人間は状況によってつくられる。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

地獄とは他人のことだ。

Hell is other people.

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

金持ちが戦争を起こし、貧乏人が死ぬ。

When the rich make war, it’s the poor that die.

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

まず第一に理解しなければならないことは、自分が理解していないということである。

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。

Everything has been figured out, except how to live.

ジャン=ポール・サルトル - Jean-Paul Sartre

批評家とは、他人の思想について思考する人間である。