ジャン・コクトーの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ジャン・コクトー|43件。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

もし私が犬よりも猫が好きだというのなら、それは警察猫というものがいないからである。

If I prefer cats to dogs, it’s only because there are no police cats.

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

神童。それは多くの場合、非常に想像力の豊かな親を持った子供のことである。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

我々は自分の内に天使をかくまっている。我々はこの天使の保護者でなくてはならない。

We shelter an angel within us. We must be the guardians of that angel.

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

本物の涙は、悲しい一ページからではなく、見事に置かれた言葉の奇跡から引き出される。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

いかなる革命も、3日目から堕落が始まる。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

愛することは、愛されること。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

運命は人がその糸をもつれさせるのを好まない。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

パリでは誰もが役者になりたがり、見物人に満足するものはいない。

In Paris, everybody wants to be an actor; nobody is content to be a spectator.

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

芸術に従って芸術を作ってはならぬ。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

生き方の基準は、正しいか正しくないかではなく、美しいか否かである。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

青年は決して安全な株を買ってはならない。

ジャン・コクトー - Jean Cocteau

スタイルとは、複雑なことを表現するための簡単な方法だ。

Style is a simple way of saying complicated things.

ジャン・コクトー (Jean Cocteau、1889年7月5日 - 1963年10月11日) は、フランスの芸術家。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行った。自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。 生涯 フランスのパリ近郊の小さな町であるメゾン=ラフィットでクレマン・ウジェーヌ・ジャン・モリス・コクトー(Clément Eugène Jean Maurice Cocteau)として生まれる。当時12歳の姉マルト、当時8歳の兄ポールに次いで生まれた末っ子である。父ジョルジュは絵を描く趣味があった。 1898年、父ジョルジュがピストル自殺。中学校時代には図工の成績はよかった。同級生のピエール・ダルジュロスは小説『恐るべき子供たち』のダルジュロスのモデルとも言われる。高校生時代には、学業には力を入れず、マルセル・プルーストらと出会うなど文学に没頭するが、大学受験に失敗し、進学を断念する。