シャルル・ボードレールの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

シャルル・ボードレール|24件。

シャルル・ボードレール

恋人は一瓶のワインであり、妻はワインの空き瓶である。

A sweetheart is a bottle of wine, a wife is a wine bottle.

シャルル・ボードレール

他人の感受性を軽蔑してはいけない。感受性はその人の才能なのだ。

Never despise a person’s sensitivity. His sensitivity is his genius.

シャルル・ボードレール

恋愛の厄介なのは、それが共犯者なしには済まされない罪悪だという点にある。

シャルル・ボードレール

過去は幻影としての刺激を保ちながら、その生命の光と動きを取り戻して現在となる。

シャルル・ボードレール

思い出せ!「時間」という奴は、ごまかしはしないが何とかして勝たずにはおかない強欲な博徒だぞ!

シャルル・ボードレール

美の探求とは、そこで打ち負かされるに先立って芸術家が恐怖の叫びを上げる、一つの決闘である。

シャルル・ボードレール

神は支配するために存在することすら必要としない唯一の存在である。

God is the only being who need not even exist in order to reign.

シャルル・ボードレール

神が存在しないとしても、やはり宗教は神聖であり神性を備えているであろう。

Even if it were proven that God didn’t exist, Religion would still be Saintly and Divine.

シャルル・ボードレール

孤独でいかに暮らすかを知らない者は、忙しい群集の中でいかに忙しく暮らすかも知らない。

シャルル・ボードレール

人生をあるがままに受け入れない者は、悪魔に魂を売り渡す。

シャルル・ボードレール

人生とは、病人の一人一人がベッドを変えたいという欲望に取り憑かれている、一個の病院である。

This life is a hospital where each patient is possessed by the desire to change his bed.

シャルル・ボードレール

何より自分自身に対して偉人に、聖者になることだ。

シャルル=ピエール・ボードレール(フランス語: Charles-Pierre Baudelaire(発音例)、1821年4月9日 - 1867年8月31日)は、フランスの詩人、評論家である。 生涯 ジョセフ・フランソワ・ボードレールの息子としてパリに生まれる。ジョセフはパリ大学で哲学と神学を学んだ司祭であったが、後に職を辞し、芸術家らと交わるなど、芸術に深い関心を持っていたという。第一帝政下で上院議員の議長を務めるなどした人物でもあった。晩婚のジョゼフはボードレールが6歳のときに亡くなり、その1年半後、まだ若く美しい母カロリーヌは、将来有望な軍人オーピックと再婚する。ボードレールは母の再婚に深く傷つき、生涯エディプス・コンプレックスというべき鬱屈とした感情を抱えることになる。 もっとも、ボードレールは高校まで、養父の望みに適う優等生として努力していたという。実際、彼が通ったリヨンのルイ・ル・グラン高校は、エコール・ノルマル・シュペリウールの合格者を多く出しており、いわゆるエリート高校であった。