ガイウス・ユリウス・カエサルの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ガイウス・ユリウス・カエサル|24件。

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。

Men willingly believe what they wish.

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

学習より創造である。創造こそ生の本質なのだ。

It is better to create than to learn! Creating is the essence of life.

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

分断して征服せよ。

Divide and conquer.

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

ローマで二番になるより、村で一番になりたいものだ。

I had rather be first in a village than second at Rome.

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

指示を与える者には責任があり、指示を受ける者には義務がある。

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

人間とは噂の奴隷であり、しかもそれを、自分で望ましいと思う色をつけた形で信じてしまう。

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

文章は、用いる言葉の選択で決まる。

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

始めたときは、それがどれほど善意から発したことであったとしても、時が経てば、そうではなくなる。

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

元老院議員諸君、諸君に限らず、すべての人間にとっても、疑わしいことに決定を迫られた際、憎悪や友情や怒りや慈悲はひとまず忘れて対するのが正当な対し方であると思う。

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

来た、見た、勝った。

I came, I saw, I conquered.

ガイウス・ユリウス・カエサル - Gaius Iulius Cæsar

賽(さい)は投げられた。

The die is cast.

ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Cæsar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また暦で彼の名称が使用されていた(ユリウス暦)時期が存在していた。 マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となり、後の帝政の基礎を築いた。 名前 ガーイウス・ユーリウス・カエサルが、古典ラテン語の当時の発音(再建音)に最も近い。長母音と短母音を区別をしないガイウス・ユリウス・カエサルは慣用的な表記である。英語読みの「ジュリアス・シーザー」(Julius Caesar) でも知られる。名前の意味は、ユーリウス氏族に属するカエサル家のガーイウスという意味である ちなみに氏族名のユーリウスとはユピテル(ジュピター)の子孫という意味である 「カエサル」の名は、帝政初期にローマ皇帝が帯びる称号の一つ、帝政後期には副帝の称号となった(テトラルキア参照)。