オードリー・ヘプバーンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

オードリー・ヘプバーン|33件。

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。

The greatest victory has been to be able to live with myself, to accept my shortcomings and those of others.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。

The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

人は、物以上に、回復して、新しくなり、生き返り、再生し、報われることが必要なの。決して、誰も見捨ててはいけません。

People, even more than things, have to be restored, renewed, revived, reclaimed, and redeemed; never throw out anyone.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。ありのままの一日。ありのままの人々。過去は、現在に感謝すべきだということをわたしに教えてくれたような気がします。未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま楽しむゆとりが奪われてしまうわ。

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

いわゆる天賦の才に恵まれていると思ったことはないわ。仕事を心から愛して最善を尽くしただけよ。

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

これまでの人生で、テクニックに裏打ちされた自信を持ったことは一度もありません。でも、感性さえ磨いておけば、どんなことでもやってのけられるものです。

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

人の評価は、他の人たちの意見よりも、その人が他の人たちについてどのように言っているのかでより分かるものです。

You can tell more about a person by what he says about others than you can by what others say about him.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。ひとつは自分を助ける手。そして、もうひとつは他人を助ける手。

As you grow older you will discover that you have two hands, one for helping yourself, the other for helping others.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

チャンスなんて、そうたびたびめぐってくるものではないわ。だから、いざめぐってきたら、とにかく自分のものにすることよ。

Opportunities don’t often come along. So, when they do, you have to grab them.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

魅力的な唇のためには、優しい言葉を紡ぐこと。愛らしい瞳のためには、人々の素晴らしさを見つけること。

For attractive lips, speak words of kindness. For lovely eyes, seek out the good in people.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物を分かち合うこと。豊かな髪のためには、一日に一度、子供の指で梳いてもらうこと。

For a slim figure, share your food with the hungry. For beautiful hair, let a child run his or her fingers through it once a day.

オードリー・ヘプバーン - Audrey Hepburn

一個の道具のように自分を分析しなさい。自分自身に対して100パーセント率直でなければなりません。欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです。

オードリー・ヘプバーン(英: Audrey Hepburn、1929年5月4日 - 1993年1月20日)は、イギリス人で、アメリカ合衆国の女優。日本ではヘップバーンと表記されることも多い。ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしており、インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。 ヘプバーンはブリュッセルのイクセルで生まれ、幼少期をベルギー、イングランドで過ごした。オランダにも在住した経験があり、第二次世界大戦中にはナチス・ドイツが占領していたオランダのアーネムに住んでいたこともあった。各種資料の一部に本名を「エッダ・ファン・ヘームストラ」とするものがある。これは、戦時中にナチス・ドイツ占領下にあったオランダで、「オードリー」という名があまりにイギリス風であることを心配した母エラが、自らの名前をもじって(EllaをEddaとした)一時的に変えたものである。