オノレ・ド・バルザックの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

オノレ・ド・バルザック|41件。

オノレ・ド・バルザック(フランス語: Honoré de Balzac 発音例, 1799年5月20日 - 1850年8月18日)は、19世紀フランスを代表する小説家。なおド・バルザックの「ド」は、貴族を気取った自称である。 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べている。バルザックは90篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆した。これは19世紀ロシア文学(ドストエフスキー、レフ・トルストイ)のさきがけとなった写実的小説群である。 『レ・ミゼラブル』で著名なヴィクトル・ユーゴーや、アレクサンドル・デュマの親友でもある。 生涯・人物 トゥールで生まれた。父親はトゥールの要職にある実務家、母親はパリ育ちで夫より30歳あまり年下だった。幼少時代からあまり母親に愛されず、生後すぐにトゥール近郊に住む乳母に預けられた。その後、寄宿学校に入れられて1807年から1813年まで孤独な少年時代を送る。その6年間に母親が面会に訪れたのは2度だけだった。母親からの愛の欠乏と、その後の彼の人生における女性遍歴の多さは、関連づけて言及されることが多い。

オノレ・ド・バルザック

われわれは幸福も不幸も大げさに考えすぎている。自分で考えているほど幸福でもないし、かといって決して不幸でもない。

We exaggerate misfortune and happiness alike. We are never as bad off or as happy as we say we are.

オノレ・ド・バルザック

過剰な喜びは、どんな悲しみよりも耐えるのが困難である。

Excess of joy is harder to bear than any amount of sorrow.

オノレ・ド・バルザック

偉大な意志の力なしに、偉大な才能などというものはない。

There is no such thing as a great talent without great will power.

オノレ・ド・バルザック

法律は蜘蛛の巣である。大きな虫は突き抜け、小さな虫だけが引っかかる。

Laws are spider webs through which the big flies pass and the little ones get caught.

オノレ・ド・バルザック

愛とは一種の花です。種子が風に吹かれ、落ちたところで開花するのです。

オノレ・ド・バルザック

情熱の持続時間は、その女性が最初に示した抵抗の大きさに比例する。

オノレ・ド・バルザック

生活習慣は精神を形成し、精神は顔つきを変える。

The habits of life form the soul, and the soul forms the countenance.

オノレ・ド・バルザック

不幸は我々に真の友人を教えうるという長所がある。

オノレ・ド・バルザック

俺の青春は雲一つない空のように、まだ青く晴れわたっている。偉くなりたい、また金持ちになりたいと願うことは、嘘をつき、頭を下げ、へつらい、偽ることを自ら決心したことではないか。

オノレ・ド・バルザック

多くの忘却なくしては人生は暮らしていけない。

オノレ・ド・バルザック

良し悪しの判断が増えるほど、愛することが減る。

The more one judges, the less one loves.

オノレ・ド・バルザック

恋愛は、必ずどちらか一方がズルをするゲームだ。

Love is a game in which one always cheats.