オスカー・ワイルドの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

オスカー・ワイルド|63件。

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。 耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。 生涯 ヴィクトリア朝時代のアイルランドのダブリンに生まれた。古いプロテスタントの家柄で、祖父も父ウィリアム(William Wilde)も医師であった。母はジェーン(Jane Wilde)。父母ともに文才に富み、ジェーンは詩人で、サロンの主でもあった。幼少期は女子を欲していた母によって女子の格好をさせられていた。 1864年(10歳)、北アイルランド、エニスキレン(Enniskillen)のポートラ王立学校(Portora Royal School)に学び、数学・科学・体育なども好み、1871年、古典語の最高賞を受けて卒業し、奨学金を得てダブリン大学トリニティ・カレッジへ進んだ。

作品名 オスカー・ワイルド
原題 Wilde
監督 ブライアン・ギルバート
製作総指揮 アレックス・グラハム吉崎道代マイケル・ヴァイナーデボラ・ラフィンアラン・ハウデン
製作 マーク・サミュエルソンピーター・サミュエルソン
脚本 ジュリアン・ミッチェル
出演者 スティーヴン・フライジュード・ロウ 他
音楽 デビー・ワイズマンアーサー・サリヴァン
撮影 マーティン・フューラー
編集 マイケル・ブラッドセル
配給 エース・ピクチャーズ
上映時間 118分
言語 英語
制作費 $10,000,000
興行収入
前作
次作
allcinema_id 83894

オスカー・ワイルド

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。

There are only two kinds of people who are really fascinating – people who know absolutely everything, and people who know absolutely nothing.

オスカー・ワイルド

人は自分の最も悪い習慣でさえ失うことを残念がる。おそらく、最も残念がるだろう。なぜなら、それこそがその人の人格の本質的な部分であるからだ。

One regrets the loss even of one’s worst habits. Perhaps one regrets them the most. They are such an essential part of one’s personality.

オスカー・ワイルド

経験とは、誰もが自分の過ちにつける名前のことだ。

Experience is the name everyone gives to their mistakes.

オスカー・ワイルド

誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要だ。

Anybody can sympathise with the sufferings of a friend, but it requires a very fine nature to sympathise with a friend’s success.

オスカー・ワイルド

大衆とはすばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す。

The public is wonderfully tolerant. It forgives everything except genius.

オスカー・ワイルド

楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴をみる。

The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole.

オスカー・ワイルド

一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。

Consistency is the last refuge of the unimaginative.

オスカー・ワイルド

ほとんどの人々は他の人々である。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用である。

Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation.

オスカー・ワイルド

人が恋をする時、それはまず、自己を欺くことによって始まり、また、他人を欺くことによって終わる。

When one is in love, one always begins by deceiving one’s self, and one always ends by deceiving others. That is what the world calls a romance.

オスカー・ワイルド

男女の間では友情は不可能だ。情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、友情はない。

Between men and women there is no friendship possible. There is passion, enmity, worship, love, but no friendship.

オスカー・ワイルド

人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ。

Life is not complex. We are complex. Life is simple, and the simple thing is the right thing.

オスカー・ワイルド

生きるとは、この世でいちばん稀なことだ。たいていの人は、ただ存在しているだけである。

To live is the rarest thing in the world. Most people exist, that is all.