アーネスト・ヘミングウェイの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

アーネスト・ヘミングウェイ|43件。

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

The world is a fine place and worth the fighting for.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

In order to write about life, first you must live it!

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。

What is moral is what you feel good after and what is immoral is what you feel bad after.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

自殺しない本当の理由、それは地獄が終われば、人生がどれほど素晴らしいものになるかを常に知っているからである。

The real reason for not committing suicide is because you always know how swell life gets again after the hell is over.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

人間は、負けるように造られてはいないんだ。殺されることはあっても、負けることはないんだ。

Man is not made for defeat. A man can be destroyed but not defeated.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

You can’t get away from yourself by moving from one place to another.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

As you get older, it is harder to have heroes, but it is sort of necessary.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

作家の仕事とは、判断を下すことではなく理解しようとすること。

The writer’s job is not to judge, but to seek to understand.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

誰かを信頼できるかを試すのに一番良い方法は、彼らを信頼してみることだ。

The best way to find out if you can trust somebody is to trust them.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

愛していない人間と旅に出てはならない。

Never to go on trips with anyone you do not love.

アーネスト・ヘミングウェイ - Ernest Miller Hemingway

とにかく、新しい毎日なんだ。

Every day is a new day.

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)は、アメリカの小説家・詩人。彼の生み出した。独特でシンプルな文体は、冒険的な生活や一般的なイメージとともに、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに多大な影響を与えた。ヘミングウェイは、ほとんどの作品を1920年代中期から1950年代中期に書き上げて、1954年にノーベル文学賞を受賞するに至った。彼は、6つの短編集を含めて7冊の小説と2冊のノンフィクション小説を出版した。3冊の小説、4つの短編集、3冊のノンフィクション小説が死後、発表された。これらはアメリカ文学の古典として考えられている。 生涯 イリノイ州オークパーク(現在のシカゴ)に生まれる。父は医師、母は元声楽家で、六人兄弟の長男だった。父は活動的な人物で、釣りや狩猟、ボクシングなどの手ほどきを受けた。 高校卒業後の1917年にカンザスシティ (ミズーリ州)の地方紙「カンザスシティ・スター」(英: The Kansas City Star)紙の見習い記者となるも退職。