アントニオ猪木の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

アントニオ猪木|43件。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

もともとありもしない「限界」にこだわると、己れの力に疑問をもつようになり、しくじったり、できなかったとき、「ああ、これが俺の限界だ、もうダメだ」とギブアップしてしまう。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

コンプレックスをバネに飛躍することができるのではないか。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分がかなわないから笑うことで逃げているのだ。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

ただ単に相手を倒すだけであったのなら、社会において何の価値があろうか。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

俺は人が喜んでくれるのが、生きがいというか喜び。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

人間には、必ず人生の転機を直感し、的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て。大ぶろしきをひろげておさまりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

自らに満足している人間は、それで終わりだ。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

人は歩みを止めたときに、そして挑戦をあきらめたときに、年老いていくのだと思います。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

自分の我を引っ込めたときには、必ずといっていいほど挫折感を味わう。

アントニオ猪木 - アントニオ いのき

優しさのない正義はなく、強さもない。

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。日本を元気にする会所属の参議院議員(2期)、日本を元気にする会最高顧問。本名:旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。元妻は、女優の倍賞美津子。倍賞との間に娘が一人いる。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」。 プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。 プロフィール 生い立ち 神奈川県横浜市鶴見区生麦町(現在の鶴見区岸谷)出身。父親は猪木佐次郎、母は文子(旧姓:相良)。父親は猪木が5歳の時に死去。前田日明は「猪木さんの弁によると父親は県会議員か何かだったって」と著書に書いている。

アントニオ猪木対モハメド・アリ(アントニオいのきたいモハメド・アリ)は1976年(昭和51年)6月26日に行われた、新日本プロレスの企画した「格闘技世界一決定戦」の内の一試合。当時の日本のプロレス界のエースであるアントニオ猪木と、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリによる世紀の一戦と騒がれた。試合会場は日本武道館。 試合の実現 1975年(昭和50年)3月に、当時のWBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオンだったアリは史上初のスポーツ界出身自民党国会議員で日本レスリング協会会長八田一朗に向かって「100万ドルの賞金を用意するが、東洋人で俺に挑戦する者はいないか?」とジョークを言った。アリは「拳でも口でも戦う男」として有名で、当然この発言もアリ独自のリップサービスであることは世間も承知だった。猪木は「100万ドルに900万ドルを足して1,000万ドル(当時のレートで30億円)の賞金を出す。試合形式はベアナックル(素手)で殴り合い。日時、場所は任せる」といった挑戦状をアリ側に送ったが、マスコミも世界のアリとプロレスラーが戦うなど実現は到底不可能と思っており、当初は冷めた反応だった。

アントニオ猪木という名のパチスロ機(あんとにおいのきというなのぱちすろき)は、2002年12月に平和_(パチンコ) 平和およびオリンピア (パチスロ) オリンピアが開発し、平和_(パチンコ) 平和が発売した元プロレスラーのアントニオ猪木をタイアップキャラクターとしたパチスロ機。パチスロ用語の一覧#その他のパチスロ用語(あ行) AT機。A-400タイプ4号機。形式名は『アントニオイノキトイウナノパチスロキ』。猪木とのタイアップやゲーム性もさることながら、長い機種名も話題となった。後継機として本機のゲーム性をさらに練りこんだ『アントニオ猪木自身がパチスロ機』もリリースされ、人気となった。
内部的に6択の押し順の概念があるシングルボーナス、3択のベル役が高確率で成立しており、AT発動(「闘魂チャンス」と呼ばれる)でこれらの押し順がナビされる。

アントニオ猪木自身がパチスロ機(―いのきじしんがぱちすろき)は2003年12月、平和およびオリンピアが開発し、平和が発売したアントニオ猪木をモデルとして作られたパチスロ機である。4号機。形式名は『アントニオイノキジシンガパチスロキ』。『アントニオ猪木という名のパチスロ機』の後継機種。 基本的には前作『アントニオ猪木という名のパチスロ機』を踏襲している。性能はA-400ATである。つまり一回のビッグボーナスで400枚前後のコインを獲得でき、AT(アシストタイム)に突入することにより、一撃大量のメダル獲得の期待が持てる。 AT機能は『闘魂チャンス』と呼ばれた。また、プレミアム演出である『道』演出が発生すると、出玉大量獲得のチャンスとなっている。道演出には2種類あり、通常の道演出とアントニオ猪木が詩を朗読する『チャンピオンロード』がある。後者はレギュラーボーナス、ビッグボーナス、闘魂チャンスが1G連で発生し、出玉大量獲得チャンスとなる。 検定時期が他のAT機より遅かったことから「現役最後のAT機」と称され、検定切れとなる2006年11月前後(都道府県で異なる)ギリギリまで同機を設置していたホールもあったが、その時を迎えるとともに姿を消してしまった。