アルベール・カミュの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

アルベール・カミュ|41件。

アルベール・カミュ

僕の後ろを歩かないでくれ。僕は導かないかもしれない。僕の前を歩かないでくれ。僕はついていかないかもしれない。ただ僕と一緒に歩いて、友達でいてほしい。

Don’t walk behind me; I may not lead. Don’t walk in front of me; I may not follow. Just walk beside me and be my friend.

アルベール・カミュ

人間が唯一偉大であるのは、自分を越えるものと闘うからである。

アルベール・カミュ

すべては使い果たされたのか?よろしい。それなら、これから生き始めよう。

アルベール・カミュ

希望とは一般に信じられている事とは反対で、あきらめにも等しいものである。そして、生きることは、あきらめないことである。

アルベール・カミュ

愛されないということは不運であり、愛さないということは不幸である。

アルベール・カミュ

激しく愛するには、数少なく愛さねばならぬという理由がどこにあろうか。

Why should it be essential to love rarely in order to love much?

アルベール・カミュ

涙が出そうになるくらいに、生きろ。

Live to the point of tears.

アルベール・カミュ

人間は現在の自分を拒絶する唯一の生きものである。

Man is the only creature who refuses to be what he is.

アルベール・カミュ

不滅とは未来のない観念である。

アルベール・カミュ

哲学の価値は、哲学者の価値によって決まる。人間が偉大であれば偉大であるほど、その哲学も真実である。

アルベール・カミュ

自由とは、より良くなるための機会のことだ。

Freedom is nothing but a chance to be better.

アルベール・カミュ

意志もまた、一つの孤独である。

アルベール・カミュ(Albert Camus、フランス語: [albɛʁ kamy] (13px 聞く)、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。アルジェ大学卒業後ジャーナリストとして活動、第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目される。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し、劇作家としても活動した。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなったが、エッセイ『反抗的人間』はその思想をめぐって毀誉褒貶を受けた。1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞している。1960年、交通事故により急死した。 カミュの著作は「不条理」という概念によって特徴付けられている。カミュの言う不条理とは、明晰な理性を保ったまま世界に対峙するときに現れる不合理性のことであり、そのような不条理な運命を目をそむけず見つめ続ける態度が「反抗」と呼ばれる。