アリストテレスの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

アリストテレス|58件。

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。

Plato is my friend, Aristotle is my friend, but my best friend is truth.

アリストテレス

あたかも金に繁殖能力あるかのごとく、金に金をうませるは最も不自然なり。

アリストテレス

自己犠牲は、美徳の条件である。

アリストテレス

自分が友達に望んでいる通りに、友達には振る舞わねばならぬ。

アリストテレス

人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

Man is a goal seeking animal. His life only has meaning if he is reaching out and striving for his goals.

アリストテレス

手は、道具の中の道具である。

アリストテレス

欲望は満たされないことが自然であり、多くの者はそれを満たすためのみで生きる。

アリストテレス

世間が必要としているものと、あなたの才能が交わっているところに天職がある。

アリストテレス

人は物事を繰り返す存在である。従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのだ。

We are what we repeatedly do. Excellence, then, is not an act, but a habit.

アリストテレス

勇気は人間の第一の資質である。なぜなら、他の資質の土台となる資質であるから。

Courage is the first of human qualities because it is the quality which guarantees the others.

アリストテレス

幸福は人生の意味および目標、人間存在の究極の目的であり狙いである。

Happiness is the meaning and the purpose of life, the whole aim and end of human existence.

アリストテレス

威厳とは、名誉を得ているという事ではなく、名誉に値するという事から成る。

Dignity does not consist in possessing honors, but in deserving them.

アリストテレス(アリストテレース、古希: Ἀριστοτέλης - Aristotélēs、羅: Aristotelēs、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者である。 プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人とされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。 アリストテレスは、知を愛することが人間の本性であるがゆえに、人間は「知を愛する」と考えた。ギリシャ語ではこれをフィロソフィア(Philosophia)と呼ぶ。フィロは「愛する」、ソフィアは「知」を意味する。この言葉が「哲学」になった。著作集は日本語版で17巻に及ぶが、内訳は形而上学、倫理学、論理学といった哲学関係のほか、政治学、宇宙論、天体学、自然学(物理学)、気象学、博物誌学的なものから分析的なもの、その他、生物学、詩学、演劇学、および現在でいう心理学なども含まれており多岐にわたる。

アリストテレス (Aristoteles) は、月の表側にある大きなクレーターであり、月の北部に位置する。古代ギリシアの学問・文化・思想を集大成し、「万学の祖」と呼ばれた哲学者、アリストテレスにちなんで名づけられた。 アリストテレスは氷の海の南端近くに位置しており、アリストテレスの西にはエゲデが位置している。エゲデのさらに西方にはアルプス山脈がそびえている。アリストテレスの南にはエウドクソス、アリストテレスの北東にはガレが位置しており、アリストテレスの北方には氷の海をはさんでシープシャンクスが位置している。 アリストテレスの東の周壁にはアリストテレスよりもやや小さいミッチェルが隣接しており、地球からアリストテレスを望遠鏡で観察すると、大小2つのクレータが並んでいるのが確認できる。 アリストテレスの周壁は六角形に近い形状に歪んでおり、周壁の内側は幅の広い段丘状になっている。周壁の外側は放射状の構造をしており、なだらかな斜面を形成している。アリストテレスの底面はでこぼこしており、波を打ったような起伏が全体的に見られる。

アリストテレス・ソクラテス・オナシス(Αριστοτέλης Ωνάσης、Aristotle Socrates Onassis、1906年1月15日 - 1975年3月15日)はギリシャの実業家、ミリオネア。「20世紀最大の海運王」と言われた。 生涯 生い立ち オスマン帝国時代のスミルナ(現トルコ領イズミル)で、中流階級のギリシャ人家庭に生まれた。スミルナ一帯は第一次世界大戦における連合国の勝利の後、1919年にギリシャによって占領されたが、1922年にケマル・アタテュルク率いるトルコ軍によって奪還された。 紛争の中でオナシス家は全ての財産を失い、ギリシャへ難民として移住。1923年にはギリシャを離れ、最初にウルグアイ、モンテヴィデオへ行き、後アルゼンチンに渡り、1925年にアルゼンチンとギリシャの市民権を取得した。 海運王 最初にモンテヴィデオの旧市街地に居を構え、葉巻タバコの商売を始める。その由縁あって、市内にあるエレニカ・ギリシャ正教会は、彼の全面的な寄付によって建設された。