アイルトン・セナの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

アイルトン・セナ|7件。

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

ある日ある時、人は限界を感じる 限界に向かって進み限界に到達するとこれが限界だと感じる。だが限界に達したとき自身に何かが起こり限界の向こう側に行くことがある 精神力や決断力、本能や経験で自分をとても高いレベルまで持っていける

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

僕は辞められない。進むしかないんだ。

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

自分が感じていることは、正しくないかもしれない。もしかしたら、自分の五感すべてが間違っているのかもしれない。だから、常に自分をオープンにしておくんだ。あらゆる情報や、たくさんの知識を、受け入れられるように。耳を傾けて、新しい情報を、聞き逃さないように。そうすれば人間も、マシンも、徐々に限界を超えていけると、僕は信じているんだ。

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

この世に生を受けたこと、それが最大のチャンスじゃないか。

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

理想を語ることは簡単だが、自ら実践するのはすごく難しい。だからこそ、とにかく、どんな時でも、ベストを尽くして生きなければいけない。その結果、うまくいく時もあれば、そうでない時もある。間違いを犯すこともあるだろう。でも、少なくとも、自分自身に対しては誠実に、そして、自らの描いた夢に向かって、精いっぱい生きていくことだ。

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

ローランド・ラッツェンバーガーの事故死後「僕たちには制御し切れないものがある。僕は辞められない。進むしかないんだ」

アイルトン・セナ - Ayrton Senna da Silva

お金は不思議なものだ。持っていない人は持つことを熱望し、また持っている人はそのせいで多くのトラブルに見舞われる。

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 - 1994年5月1日)は、ブラジル人の元レーシング・ドライバー。F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した。 時代を代表するドライバーの1人とされ、特に計65度のPP獲得数は、2006年にミハエル・シューマッハに更新されるまで歴代1位だった。アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルとは、1980年代から1990年代前半のF1を象徴する存在として、「四強」「ビッグ4」「F1四天王」などと纏めて呼ばれることもある。特にプロストとのライバル関係が知られ、日本では2人の争いが「セナ・プロ決戦」「セナ・プロ対決」などと呼ばれた。 異名には「Genius(天才)」「マジック・セナ」などがあり、若手時代には「ハリー」の愛称でも呼ばれた。日本では、古舘伊知郎が実況中継で使用した「音速の貴公子」がよく知られている。 母国ブラジルにおいては、サッカー選手のペレ、ジーコと並んで、特に偉大なスポーツ選手の1人とされている。

『アイルトン・セナ スーパーモナコGP II』 (AYRTON SENNA'S SUPER Monaco GP II)は、1992年にセガ(後のセガゲームス)より発売されたメガドライブ用のF1をモチーフにしたレーシングゲーム。 1989年にアーケードゲームとして登場し、1990年にメガドライブ用として発売された『スーパーモナコGP』の続編にあたり、タイトルの通り当時の人気F1レーサーだったアイルトン・セナが監修している。ドライバーやコースが一部変更されているが、ゲームのシステム的には前作を踏襲している。 題名の通り実在のモナコグランプリが題材になっているが、元のモンテカルロ市街地コースとはほとんど別物のオリジナルコースである。 後にゲームギア版も発売された。 前作メガドライブ版『スーパーモナコGP』同様、「WORLD CHAMPIONSHIP」「FREE PRACTICE」が用意されているが、効果音が一新されており、またセーブ機能に関してはパスワード方式からバックアップ方式に変更し、初心者用のビギナーモードと上級者用の「MASTER」モードが用意されている。

『アイルトン・セナ スーパーモナコGP II』より : 『アイルトン・セナ スーパーモナコGP II』 (AYRTON SENNA'S SUPER Monaco GP II)は、1992年にセガ(後のセガゲームス)より発売されたメガドライブ用のF1をモチーフにしたレーシングゲーム。 1989年にアーケードゲームとして登場し、1990年にメガドライブ用として発売された『スーパーモナコGP』の続編にあたり、タイトルの通り当時の人気F1レーサーだったアイルトン・セナが監修している。ドライバーやコースが一部変更されているが、ゲームのシステム的には前作を踏襲している。 題名の通り実在のモナコグランプリが題材になっているが、元のモンテカルロ市街地コースとはほとんど別物のオリジナルコースである。 後にゲームギア版も発売された。 前作メガドライブ版『スーパーモナコGP』同様、「WORLD CHAMPIONSHIP」「FREE PRACTICE」が用意されているが、効果音が一新されており、またセーブ機能に関してはパスワード方式からバックアップ方式に変更し、初心者用のビギナーモードと上級者用の「MASTER」モードが用意されている。