アイザック・ニュートンの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

アイザック・ニュートン|18件。

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

我、仮説を作らず。

I frame no hypotheses.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

諸物の多様さと混乱のうちにではなく、つねに単純さのうちに真理は見出される。

Truth is ever to be found in simplicity, and not in the multiplicity and confusion of things.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである。

To every action there is always opposed an equal reaction.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。

Men build too many walls and not enough bridges.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

人間は事実に反することを想像してもよいが、事実しか理解することはできない。事実に反することを理解したとしたも、その理解は間違っている。

A man may imagine things that are false, but he can only understand things that are true, for if the things be false, the apprehension of them is not understanding.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

私が遠くを見ることができたのは、巨人たちの肩に乗っていたからです。

If I have seen further it is by standing on the shoulders of giants.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

成功に必要なことをあえて一つ述べるとすれば、それは、「つねに願望や目標について考えることだ」と言うことに尽きると思います。なぜなら、私たちの人生は私たちの「思考」でつくられているからです。

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。

This most beautiful system of the sun, planets, and comets, could only proceed from the counsel and dominion of an intelligent and powerful Being.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

如才のなさとは敵を作らずに自分を主張することである。

Tact is the knack of making a point without making an enemy.

アイザック・ニュートン - Isaac Newton

私は、海辺で遊んでいる少年のようである。ときおり、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている。真理の大海は、すべてが未発見のまま、目の前に広がっているというのに。

I was like a boy playing on the sea-shore, and diverting myself now and then finding a smoother pebble or a prettier shell than ordinary, whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me.

アイザック・ニュートン(英: Sir Isaac Newton 、ユリウス暦: 1642年12月25日 - 1727年3月20日、グレゴリオ暦: 1643年1月4日 - 1727年3月31日)は、イングランドの物理学者、数学者、自然哲学者。 主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。 生涯 アイザック・ニュートンは1642年のクリスマスにイングランドの東海岸に位置するリンカンシャーの小都市グランサムから南方に10kmほど離れた一寒村ウールスソープ=バイ=カールスターワース(Woolsthorpe-by-Colsterworth )において、同名のアイザック・ニュートンを父として、ハナ・アスキューを母として生まれたが、生まれた時父親はすでに他界していた。

アイザック・ニュートンのオカルト研究(アイザック・ニュートンのオカルトけんきゅう)では、著名なイギリスの自然哲学者・数学者ニュートンのオカルトに関する研究について解説する。 科学者という用語や概念が登場してからは、「ニュートンは科学者」とも評されるようになり、自然科学者らによってニュートンの自然科学関連の業績ばかりが恣意的に抽出され、他の活動は無視・隠蔽する形でニュートン像が伝えられてきた(→ホイッグ史観)。だが実際には、ニュートンは現在ではオカルト研究に分類される分野の著作も多く著しており、年代学・錬金術・聖書解釈(特に黙示録)についても熱心に研究していたのである。 ニュートン自身は、現代人が言うところの"科学的"研究の成果よりも、むしろ古代の神秘的な英知の再発見のほうが重要だと考えていた。これをふまえると、世界を機械論的に考察することを「ニュートン的世界観」と表現することには語弊がある、と指摘する人もいる。たとえば、1942年にニュートンの錬金術研究書を購入し、検討した経済学者のケインズは、「ニュートンは理性の時代(age of reason)の最初の人ではなく、最後の魔術師だ」と発言した。