永世中立の意味と読み方 - 四文字熟語


永世中立の四文字熟語の意味と読み方 永世中立の四文字熟語の壁紙
読み方
えいせいちゅうりつ
意味
他国間で戦争が起こっても介入することなく、自国の中立を他国から保障、承認されること。国内での外国の軍の行動を認めず、軍事的脅威には自国のみで解決する必要がある。平和主義などとは違い、自国を防衛するための軍が存在する。
永世中立国(えいせいちゅうりつこく、英: permanently neutralized state/country)とは、将来もし他国間で戦争が起こってもその戦争の圏外に立つことを意味するものであり、自国は中立の立場である事を宣言し、他国がその中立を保障・承認している、永世中立(フランス語: La neutralité permanente)の立場を取る国家。
この場合の中立は国際法上の義務である。
永世中立の立場を取るのは実効性を持つ政府でも可能であり、厳密には国家に限られない。
永世中立の条件 永世中立は伝統的中立とともに古い歴史を持つ概念であり、かなり古くから国際法に存在していた。
そのため、以下の条件を満たす必要があると考えられている。
複数の国家の同意による「中立化」が必要である。
このためアミアンの和約の際にイギリスが提案したマルタの永世中立化は、関係諸国の承諾が得られず、実現しなかった事例がある。
中立化に参加した諸国は、永世中立国の独立と領土保全を常時保障する義務がある。
永世中立国はその中立である領土を他国の侵害から守る義務がある。



このページのQRコード

メールを送る