魯陽之戈の意味と読み方 - 四文字熟語


魯陽之戈の四文字熟語の画像 魯陽之戈の四文字熟語の壁紙
読み方
ろようのほこ
意味
戦国時代に、楚の魯陽公が韓と戦って激戦のさなか、日が暮れようとしたとき、彼がほこを上げて日を招くと日は三舎(九十里。軍隊の一日の行程。周尺で36.45粁)ほども返ったという故事。勢威の盛んなことにいう。
タグ
「ろ」から始まる四文字熟語



このページのQRコード

メールを送る