陽関三畳の意味と読み方 - 四文字熟語


陽関三畳の四文字熟語の意味と読み方 陽関三畳の四文字熟語の壁紙
読み方
ようかんさんじょう
意味
繰り返し別れを惜しむこと。または、送別の詩として名高い陽関の曲の第四句「西の方,陽関を出づれば故人なからん」を三度繰り返して歌うこと。



このページのQRコード

メールを送る