孟母断機の意味と読み方 - 四文字熟語


孟母断機の四文字熟語の意味と読み方 孟母断機の四文字熟語の壁紙
読み方
もうぼだんき
意味
物事を途中でやめてしまったり、諦めてしまってはいけないという戒めの言葉。おもに学問のことを指す。孟子が学問を投げ出そうとしたときに、孟子の母親は織り途中の機の糸を切断して「学問を途中でやめることは、この織物と同じようなものだ」と言って戒めたという故事から。



このページのQRコード

メールを送る