無理心中の意味と読み方 - 四文字熟語


無理心中の四文字熟語の意味と読み方 無理心中の四文字熟語の壁紙
読み方
むりしんじゅう
意味
一緒に死ぬことに合意していない相手を殺して、自分も死ぬこと。強引に心中を成立させること。また、よくない結果になることがわかっていながら、強引に相手を巻き込むことのたとえ。
『心中』心中(しんじゅう、旧仮名遣い:しんぢゆう)とは、本来は相思相愛の仲にある男女が双方の一致した意思により一緒に自殺または嘱託殺人すること。
相愛の男女がその愛情の変わらないことへの誓いの証として、情死(じょうし)とも言われることから、転じて二人ないし数人の親しい関係にある者たちが合意の上で一緒に自殺すること(例:一家心中)。
さらに合意のない殺人でも、状況により無理心中と呼ばれることがある。
現代の心中の種類 情死 相愛の男女による心中。
この世で結ばれないことから、来世で結ばれることを願う。
一家心中 一家そろって自殺する事で、家族心中・親子心中ともいう。
ギャンブルや異常浪費でサラ金からの多額の借金を抱える多重債務や、生活弱者家庭(一人親家庭(主に母子家庭)・障害者と同居している家庭・高齢者と子供(満15歳未満)のみの家庭)における生活保護費の減額による生活苦に陥って心中する事例もあるが、近年では老老介護の介護疲れや生活苦による高齢者の親子や夫婦による一家心中など、多様化している。



このページのQRコード

メールを送る