望蜀之嘆の意味と読み方 - 四文字熟語


望蜀之嘆の四文字熟語の画像 望蜀之嘆の四文字熟語の壁紙
読み方
ぼうしょくのたん
意味
後漢の光武帝が隴(ろう)の国を平定したのち、さらに蜀の国をも望んだという故事から、一つの望みをかなえてさらに次の望みをもつこと。人間の欲望は際限がないことを言う。
タグ
「ほ」から始まる四文字熟語



このページのQRコード

メールを送る