内政干渉の意味と読み方 - 四文字熟語


内政干渉の四文字熟語の意味と読み方 内政干渉の四文字熟語の壁紙
読み方
ないせいかんしょう
意味
他国の政治・外交に介入して、その国の主権を束縛・侵害すること。
『内政不干渉の原則』内政不干渉の原則(ないせいふかんしょうのげんそく)とは、国家は国際法に反しない限り、一定の事項について自由に処理することができる権利をもち、逆に他国はその事項に関して干渉してはならない義務があるという、国家主権から導出される原則をさす。
そして、こういった国家が自由に処理できる事項のことを、国内管轄事項または国内問題という。
山本草二によれば、不干渉義務は歴史的に三段階の進展を遂げたとする。
第一期は19世紀、主権の本質論により不干渉義務が根拠づけられ、戦争は適法な権利行使として容認される一方、戦争に至らない「命令的・圧政的干渉」(authoritative and dictatorial intervention)は不干渉義務原則のもとで許されないものとされた。
第二期20世紀初頭では、戦争の違法化の流れの中で、不干渉義務の対象事項の範囲は「国際法上専ら国家の管轄に属する事項」(国際連盟規約15条8項)として、国際法上の規律に服することになる。



このページのQRコード

メールを送る