天変地異の意味と読み方 - 四文字熟語


天変地異の四文字熟語の意味と読み方 天変地異の四文字熟語の壁紙
読み方
てんぺんちい
意味
天上界に現われる異変と、地上に起こる異変。天地間に起こる自然の災害や、変わった出来事のこと。
『災害』災害(さいがい、英:disaster)とは、自然現象や人為的な原因によって、人命や社会生活に被害が生じる事態を指す。
定義と概要 「災害」と呼ばれるのは、人間に影響を及ぼす事態に限られる。
例えば、洪水や土砂崩れが発生しても、そこにだれも住んでいなければ被害や損失を受ける者は出ないため、それは災害とは呼ばない。
また「災害」という用語は多くの場合、自然現象に起因する自然災害(天災)を指すが、人為的な原因による事故や事件(人災)も災害に含むことがある。
通常は、人間生活が破壊されて何らかの援助を必要とする程の規模のものを指し、それに満たない規模の人災は除かれる。
自然災害の性質として、災害の元となる事象を制御することができないことが挙げられる。
地震や大雨という現象自体は止めることができない。
人工降雨も研究されているが、干ばつを防ぐほどの技術力には未だ達していない。
一方、火事や交通事故はそれ自体人間によるものであり、人間による制御がある程度利く事象である。
これが、自然災害と人為的災害の相違点である。
ただし、事件・事故と災害の使い分けは必ずしも明確ではない。



このページのQRコード

メールを送る