史魚屍諫の意味と読み方 - 四文字熟語


史魚屍諫の四文字熟語の意味と読み方 史魚屍諫の四文字熟語の壁紙
読み方
しぎょしかん
意味
春秋時代の衛の大夫、史魚が自らの死体を使い主君をいさめたという故事。人事に関して、主君をいさめたが聞き入れられなかったのを悔いて、子に自らが死んだら死体を窓の下に放り出しておけと命じた。死後、主君は死体の理由を聞き、聞き入れなかったのは過ちだったと認め、生前の史魚の進言にそった人事を行ったという。



このページのQRコード

メールを送る