一国一城の意味と読み方 - 四文字熟語


一国一城の四文字熟語の意味と読み方 一国一城の四文字熟語の壁紙
読み方
いっこくいちじょう
意味
一つの国と一つの城のこと。または、それらを所有していること。または、他からの干渉を受けずに独立している状態にあること。会社や家族を国や城に例えて、それらの長という意味で「一国一城の主」という形で用いることが多い言葉。
一国一城令(いっこくいちじょうれい)は慶長20年閏6月13日(1615年8月7日)に江戸幕府が制定した法令である。
土井利勝、安藤重信、酒井忠世の連判の元、徳川秀忠が発令したが、法令の立案者は大御所徳川家康であった。
その内容は、一国(この場合の「国」は令制国でもあり、大名の領国(後の藩)のことでもある)に大名が居住あるいは政庁とする一つの城郭を残してその他の城はすべて廃城にするというものである。
具体例 一つの令制国を複数の大名で分割して領有している場合は各大名ごとに一城とし(例:伊予国の大洲城、松山城、宇和島城等)、一つの大名家が複数の令制国に跨がって領有している場合は各令制国ごとに一城とした(例:藤堂家の安濃津城(伊勢国)と上野城(伊賀国))。
例外 この法制は画一的に実施されたわけではなく、大藩では大身の一門や家臣が実質上の城を持ち、現実には複数の城を維持している例も見られ、かなり弾力的に運用された。



このページのQRコード

メールを送る