心神喪失の意味と読み方 - 四文字熟語


心神喪失の四文字熟語の意味と読み方 心神喪失の四文字熟語の壁紙
読み方
しんしんそうしつ
意味
善悪を判断して行動する精神のはたらきがまったくないこと。裁判ではその状態で犯した罪は罰しない。
『責任能力』責任能力(せきにんのうりょく)とは、一般的に、自らの行った行為について責任を負うことのできる能力をいう。
刑法においては、事物の是非・善悪を弁別し、かつそれに従って行動する能力をいう。
また、民法では、不法行為上の責任を判断しうる能力をいう。
責任能力の認識に関して、法令上の処遇として文献確認できる最古のものに、「養老律令」(718年)が挙げられる。
身体や精神の障碍を軽い順から「残疾」、「癈疾」、「篤疾」の三段階に分け、それぞれの状態に応じて税負担軽減や減刑処置が定められていた。
「獄令 三九 年八十。
十歳。
及癈疾。
懐孕。
侏儒之類。
雖犯死罪。
亦散禁。
」(獄令三九 80歳以上、10歳以下、癈疾の者、懐妊中の者、侏儒は死罪に当たる罪を犯しても拘禁されなかった。
) ただ「癲狂」は免責の対象になる一方で職業上の制限もあったことが同律令に記されている。
江戸時代においては「御定書百箇条」78条に「乱心にて人を殺し候うとも、下手人となすべく候 然れども乱心の証拠、慥にこれ有る上、殺され候うものの主人ならびに親類等、下手人御免を願い申すにおいては詮議を遂げ、相伺うべき事 但し、主殺し親殺したりといえども、乱気紛れ無きにおいては死罪」とあり、当時の刑事法制では心神喪失や触法少年に対しては減刑が考慮される可能性のみに留まり、親殺しなどの大罪については一般の犯罪者と同様に直ちに極刑にされた(殺害された被害者が乱心の殺害者より身分が低い場合被害者の主人と親類など身内が許すと死刑でなく一族により家に閉じ込められる押し込めにされた。



このページのQRコード

メールを送る