参天弐地の意味と読み方 - 四文字熟語


参天弐地の四文字熟語の画像 参天弐地の四文字熟語の壁紙
読み方
さんてんじち
意味
徳と天地を等しくすること。天地と同じほど大きな徳をもつこと。「参天」は天と交わる「弐地」は地に徳を比すこと、地と自分と天に並び合わせて「三」になることで「参天」という。
タグ
「さ」から始まる四文字熟語



このページのQRコード

メールを送る