臥薪嘗胆の意味と読み方 - 四文字熟語


臥薪嘗胆の四文字熟語の画像 臥薪嘗胆の四文字熟語の壁紙
読み方
がしんしょうたん
意味
仇をはらそうと長い間苦心・苦労を重ねること。転じて、将来の成功を期して長い間辛苦艱難すること。◆中国春秋時代、呉王夫差ふさが、父の仇である越王勾践こうせんを討つために薪の上に寝て復讐心ふくしゅうしんをかきたて、長い艱難かんなんの末にこれを破った。一方、会稽かいけい山で夫差に敗れた勾践は、苦い胆を寝所に掛けておき、寝起きのたびにこれをなめてその恥を忘れまいとし、のちに夫差を滅ぼしたという故事から。「臥薪」「嘗胆」ともに越王勾践の故事とする説もある。◆1895年=明治28年4月23日の三国干渉以後、日本のロシアに対する民族的スローガンとなり日露開戦に繋がっていく。
タグ
「か」から始まる四文字熟語



このページのQRコード

メールを送る