1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. アガパンサス

アガパンサス
≪学名:Agapanthus≫

原産地、南アフリカのユリ科アガパンサス属アガパンサスは、学名Agapanthusです。英語ではAfrican lilyと表記し別名、アフリカンリリーと呼ばれています。開花時期は6月~8月。花色は濃紫色や淡青色、白色など。夏の季節に開花します。

アガパンサスの花言葉は?

愛の訪れ
恋の訪れ
恋の季節
実直
知的な装い
知的な振る舞い

誕生日花




詳細

学名
Agapanthus
英語
African lily
科属名
ユリ科アガパンサス属
和名
ムラサキクンシラン(紫君子欄)
別名
アフリカンリリー
原産地
南アフリカ
季節
夏の季節
開花時期:6月~8月。花色:濃紫色や淡青色、白色など。

『アガパンサス属』より : アガパンサス属(アガパンサスぞく、Agapanthus)は、単子葉植物の属の1つで、南アフリカ原産。日本では園芸用に球根が販売される。 分類 APG IIでは、ネギ科、ヒガンバナ科の姉妹群であるアガパンサス科としてキジカクシ目に含められていたが、APG IIIではアガパンサス亜科としてヒガンバナ科にまとめられている。クロンキスト体系ではユリ科、新エングラー体系ではヒガンバナ科に含められていた。 主な種 およそ10種がある。 ムラサキクンシラン Agapanthus africanus 単に「アガパンサス」というと通常は本種のこと。半耐寒性多年草で花期は6 - 7月頃。南アフリカ原産。 名前の由来 「アガパンサス」はギリシャ語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)の2語の組み合わせで、このため花言葉は「愛」や「恋」にちなんだものが多い。



その他の植物

シャガ(射干・著莪)

アヤメ科アヤメ属

アスター

キク科エゾギク属

オーニソガラム

ユリ科オオアマナ属

シソ(紫蘇)

シソ科シソ属

〔白色〕ヒナギク(雛菊)

キク科ヒナギク属

〔赤色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属

ヘリコニア

オウムバナ科オウムバナ属