シレネ
≪学名:Silene≫

原産地、北半球、南アフリカのナデシコ科シレネ属シレネは、学名Sileneです。英語ではSileneと表記し別名、マンテマと呼ばれています。開花時期は5月~7月。花色はピンク色。サクラソウに似た可愛らしい花。春の季節に開花します。

シレネの花言葉は?

偽りの愛
青春の息吹
落とし穴
未練
しつこさ
欺瞞

誕生日花




詳細

学名
Silene
英語
Silene
科属名
ナデシコ科シレネ属
和名
-
別名
マンテマ
原産地
北半球、南アフリカ
季節
春の季節
開花時期:5月~7月。花色:ピンク色。サクラソウに似た可愛らしい花。

『セイレーン』より : セイレーン(古希: Σειρήν, Seirēn)は、ギリシア神話に登場する海の怪物である。複数形はセイレーネス(古希: Σειρῆνες, Seirēnes)。上半身が人間の女性で、下半身は鳥の姿とされるが後世には魚の姿をしているとされた。海の航路上の岩礁から美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難や難破に遭わせる。歌声に魅惑されて挙げ句セイレーンに喰い殺された船人たちの骨は、島に山をなしたという。 その名の語源は「紐で縛る」、「干上がる」という意味の Seirazein ではないかという説が有力である。長母音記号省略表記のセイレンでも知られるが、長音記号付き表記も一般的である。 上記のギリシア語はラテン語化されてシーレーン(Siren, 複数形シーレーネス Sirenes)となり、そこから、英語サイレン(Siren)、フランス語シレーヌ(Sirène)、ドイツ語ジレーネ(Sirene)、イタリア語シレーナ(Sirena)、ロシア語シリェーナ(Сирена)といった各国語形へ派生している。



その他の植物

パイナップルリリー

ユリ科ユーコミス属

コットンフラワー

アオイ科ワタ属

ツリフネソウ(釣船草・吊舟草)

ツリフネソウ科ツリフネソウ属

ナスタチウム

ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属

ヒルガオ(昼顔)

ヒルガオ科ヒルガオ属

カレープラント

キク科ムギワラギク属

カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)

アブラナ科アブラナ属