1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. エビネ(海老根)

エビネ(海老根)
≪学名:Calanthe discolor≫

原産地、日本、朝鮮半島南部、中国東部から南部のラン科エビネ属エビネ(海老根)は、学名Calanthe discolorです。英語ではCalantheと表記し別名、エビネラン(海老根蘭)、ジエビネ(地海老根)、ヤブエビネ(藪海老根)と呼ばれています。開花時期は4月~5月。多年草。花色は白色、ピンク色、赤色、オレンジ色、黄色、緑色、紫色、茶色、黒色、複色。春の季節に開花します。

エビネ(海老根)の花言葉は?

謙虚
誠実
にぎやかな人柄
忠実

誕生日花




詳細

学名
Calanthe discolor
英語
Calanthe
科属名
ラン科エビネ属
和名
海老根
別名
エビネラン(海老根蘭)、ジエビネ(地海老根)、ヤブエビネ(藪海老根)
原産地
日本、朝鮮半島南部、中国東部から南部
季節
春の季節
開花時期:4月~5月。多年草。花色:白色、ピンク色、赤色、オレンジ色、黄色、緑色、紫色、茶色、黒色、複色。

エビネ(海老根、学名:Calanthe discolor)は、ラン科エビネ属の多年草。地上性のランである。ジエビネ、ヤブエビネと呼ばれることもある。 分布 日本、朝鮮半島南部、中国の江蘇省、貴州省に分布する。日本では北海道西南部から沖縄島までに分布。 形態 球茎は広卵状-球状で長さ、径ともに約2cm。古い球茎は時に10年以上も残り、地表近くに連なる。和名はこの形をエビに見立てたことに由来する。直径2-3mmの根を多数生じる。秋には翌年の新芽を生じ、冬までに少し生長してから越冬する。葉は2-3枚つき、薄く、形は長楕円形から倒卵状披針形で先は尖り、縦に5本の脈がある。基部は細い葉柄になる。冬を越すと横伏するが、数年間は枯れずに残る。 花は春咲きで、新芽の展葉とともに高さ30-40cmの花茎を伸長させる。2、3個の苞がある。花序の半ばより上に多数の花をつける。花はほぼ横向きに平開する。がく片は狭卵形、側花弁は倒卵状披針形、共に先はとがる。唇弁は三つに裂け、左右の裂片が広い。中央の裂片には縦に3本の隆起線があり、先は板状に立ち上がる。



その他の植物

コットンフラワー

アオイ科ワタ属

トロロアオイ(黄蜀葵)

アオイ科トロロアオイ属

メキシコヒマワリ

キク科ニトベギク属

キキョウソウ(桔梗草)

キキョウ科キキョウソウ属

スプレーカーネーション

ナデシコ科ナデシコ属

バッカリス

キク科バッカリス属

ツルニチニチソウ(蔓日々草)

キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属