1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ウツギ(空木)

ウツギ(空木)
≪学名:Deutzia crenata≫

原産地、日本のアジサイ科ウツギ属ウツギ(空木)は、学名Deutzia crenataです。英語ではSlender Deutziaと表記し別名、ウノハナ(卯の花)、ユキミグサ(雪見草)と呼ばれています。開花時期は5月~7月。花色は白色。夏の季節に開花します。

ウツギ(空木)の花言葉は?

古風
風情
秘密

誕生日花




詳細

学名
Deutzia crenata
英語
Slender Deutzia
科属名
アジサイ科ウツギ属
和名
空木
別名
ウノハナ(卯の花)、ユキミグサ(雪見草)
原産地
日本
季節
夏の季節
開花時期:5月~7月。花色:白色。

ウツギ(空木、学名:Deutzia crenata)はアジサイ科ウツギ属の落葉低木で、ウノハナ(卯の花)とも呼ばれる。 樹高は2-4mになり、よく分枝する。樹皮は灰褐色で、新しい枝は赤褐色を帯び、星状毛が生える。葉の形は変化が多く、卵形、楕円形、卵状披針形になり、葉柄をもって対生する。花期は5-7月。枝先に円錐花序をつけ、多くの白い花を咲かせる。普通、花弁は5枚で細長いが、八重咲きなどもある。 茎が中空のため空木(うつぎ)と呼ばれる。「卯の花」の名は空木(うつぎ)の「ウ」を取って、う(=うつぎ)の花と名付けられた。 ちなみに、旧暦4月を卯月というのは、卯の花が咲く季節から、卯月と名付けられた。 分布と生育環境 北海道南部、本州、四国、九州に広く分布し、山野の路傍、崖地など日当たりの良い場所にふつうに生育するほか、畑の生け垣にしたり観賞用に植えたりする。 下位分類 変種のビロードウツギの他、多くの品種がある。 ビロードウツギ Deutzia crenata Sieb. et Zucc. var. heterotricha (Rehder) H.Hara シロバナヤエウツギ Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. candidissima (Bon.) H.Hara オオミウツギ(クマガワウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. macrocarpa Nakai サラサウツギ(ヤエウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. plena (Maxim.) C.K.Schneid. ジクゲウツギ(ケウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. pubescens (Makino) H.Hara ムラサキウツギ(アケボノウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. purpurina Honda ギャラリー 他属、他科の「ウツギ」 ウツギ属に属する種の他にも、何々ウツギという名の木は次のように数多く、花の美しいものや、葉や見かけがウツギに似たものなどがある。



その他の植物

ゼニアオイ(銭葵)

アオイ科ゼニアオイ属

カノコソウ(鹿子草)

キンポウゲ科カラマツソウ属

カトレア

ラン科カトレア属

ホウキギ(箒木)

ヒユ科バッシア属

〔赤色〕フリージア

アヤメ科フリージア属

カラー

サトイモ科ザンテデスキア属(オランダカイウ属)

タネツケバナ(種漬花)

アブラナ科タネツケバナ属

ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪ノ下)

ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属