1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. インゲンマメ(隠元豆)

インゲンマメ(隠元豆)
≪学名:Phaseolus vulgaris≫

原産地、中南米のマメ科インゲンマメ属インゲンマメ(隠元豆)は、学名Phaseolus vulgarisです。英語ではcommon beanと表記し別名、サイトウ(菜豆)、サンドマメ(三度豆)と呼ばれています。開花時期は5月~9月。花色は白色、ピンク色。夏の季節に開花します。

インゲンマメ(隠元豆)の花言葉は?

喜びの訪れ
豊かさ

誕生日花




詳細

学名
Phaseolus vulgaris
英語
common bean
科属名
マメ科インゲンマメ属
和名
隠元豆
別名
サイトウ(菜豆)、サンドマメ(三度豆)
原産地
中南米
季節
夏の季節
開花時期:5月~9月。花色:白色、ピンク色。

インゲンマメ(隠元豆、Phaseolus vulgaris)はマメ亜科の一年草。別名、サイトウ(菜豆)、サンドマメ(三度豆)。 古代からインゲンマメは南北アメリカ大陸での主要作物となっており、アステカ帝国では乾燥させたインゲンを税の物納品目として徴収していた。 ヨーロッパにはコロンブスの二度目の航海の後に持ち込まれたが、当初はアメリカ原産であることは知られず、カズラの新種と思われていた。16世紀には育てやすく食べやすい作物として栽培されるようになった。特にギリシャなど地中海沿岸地域では、ソラマメ中毒にならない健康に良い豆として受け入れられた。 フランスはこの豆の利用に熱心で、様々な料理を作った。中でも若いインゲンを莢ごと調理する料理、アリコ・ヴェルが好まれ、そのためにフラジョレという専用の品種を作った。他の国も豆料理をフランス料理風の名で呼ぶ場合が多くなり、今日でも英語圏では莢ごと食べる方法をフレンチスタイル、フレンチビーンと呼ぶ。 16世紀末にヨーロッパを経由して中国に伝わり、17世紀に日本に伝わったと言われている。



その他の植物

ブルーサルビア

シソ科アキギリ属

カラスムギ(烏麦)

イネ科カラスムギ属

ボロニア

ミカン科ボロニア属

タマサンゴ(玉珊瑚)

ナス科ナス属

ヤハズカズラ(矢筈葛)

キツネノマゴ科ツンベルギア属

〔白色〕サザンカ(山茶花)

ツバキ科ツバキ属

〔白色〕スイートピー

マメ科レンリソウ属

フクジュソウ(福寿草)

キンポウゲ科フクジュソウ属