1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. アカザ(藜)

アカザ(藜)
≪学名:Chenopodium album var. centrorubrum≫

原産地、東アジアのアカザ科アカザ属アカザ(藜)は、学名Chenopodium album var. centrorubrumです。英語ではFat Henと表記し別名、レイチと呼ばれています。一年草。開花時期は7月~10月。花色は紫色。赤紫色。夏の七草。夏の季節に開花します。

アカザ(藜)の花言葉は?

恥じらい

誕生日花




詳細

学名
Chenopodium album var. centrorubrum
英語
Fat Hen
科属名
アカザ科ヒユ科アカザ属
和名
別名
レイチ
原産地
東アジア
季節
夏の季節
一年草。開花時期:7月~10月。花色:紫色。赤紫色。夏の七草。

アカザ(藜、学名: Chenopodium album var. centrorubrum)は、アカザ科(APG植物分類体系ではヒユ科)アカザ属の一年草。畑や空地などに多い雑草。 英語では、ニワトリのえさにするため Fat Hen(hen は雌鶏の意)などと呼ばれる。 茎は、直立して縦にすじがあり、秋には木質化する。葉は、菱状卵型で赤紫色または白い粉をつけたように見える。 夏から秋にかけて、茎の先が枝分かれして、黄緑色の小花を密につけ、平たい円形の果実がつく。 生長が早く、高さ1m程度に達し、特に窒素分の多い土地にはよく育つ。 風媒花であるため花粉が飛散しやすく、アレルギーの原因になる。 アカザの葉を食草とする昆虫にカメノコハムシ(ハムシ科)がおり、食痕のある葉を裏返してみると、扁平な成虫や、三葉虫を髣髴とさせる形態の幼虫がよく見られる。 亜種・変種、雑種 アカザの若葉は赤い粉状の微細な粒に覆われ、未熟な葉の細胞を、遺伝子を傷つける紫外線や、光合成に使い切れず、葉緑素から活性酸素を発生させて組織を損傷する原因となる過剰な光のエネルギーから防御しているが、この粒が白いものをシロザ(白藜、Chenopodium album)といい、こちらの方が多く見られる。



その他の植物

ダッチアイリス

アヤメ科アヤメ属

マーガレット

キク科キク属

ヘレニウムオータムロリポップ

キク科ヘレニウム属

メロンの花

メロン科キュウリ属

シコンノボタン(紫紺野牡丹)

ノボタン科ティボウキナ属

クロトン

トウダイグサ科クロトンノキ属

キキョウ(桔梗)

キキョウ科キキョウ属

ブバルディア

アカネ科ブバルディア属